トップへ » 当院の6つの強み » 日本矯正歯科学会認定医

日本矯正歯科学会認定の【日本矯正歯科学会認定医】による矯正歯科治療

日本矯正歯科学会認定の【日本矯正歯科学会認定医】による矯正歯科治療

>>高度な治療を提供するために〜日本矯正歯科学会認定医
>>痛みの少ない矯正器具

高度な治療を提供するために〜日本矯正歯科学会認定医

高度な治療を提供するために〜日本矯正歯科学会認定医「矯正歯科」であれば、どこでも同じ......そう思っている方はいらっしゃいませんか?歯科矯正医を選ぶ際の判断基準の一つに、日本矯正歯科学会が認める"認定医制度"があります。

この制度は、戦後、矯正歯科を専門に行う歯医者さんの数が少なかったため、専門医のレベルアップを図るために「日本矯正歯科学会」が設けたものです。「日本矯正歯科学会認定医」は、日本矯正歯科学会認定として高い基準が要求されているので、認定されれば矯正歯科治療を専門に行う歯科医師としての信頼性も高まります。

平成29年現在、この認定医は全国に約3100人。これは矯正治療を行う歯科医の約1割。この数字を見ても、非常に難易度の高い資格だということが分かっていただけると思います。

当院院長:平野正芳は全国に約3100人(※平成29年現在)しかいない日本矯正歯科学会認定医です。矯正治療に特化し、より専門的な治療を提供できると考えております。

とはいえ、資格や経験はひとつの指標にすぎません。当院では院長をはじめスタッフも講習会や学会に参加し、常に最新の矯正装置や技術について学び続けています。

※日本矯正歯科学会認定医資格取得の条件
<認定医を取得する基準とは?>
日本矯正歯科学会認定医の資格を得ようとする者は、学会に申請し学会認定医委員会の審査に合格しなければならない。日本矯正歯科学会認定医の申請は、次の各号を満たす者に限られる。

1.歯科医師免許を有する者。
2.歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者。
3.学会指定研修機関における矯正歯科基本研修およびその期間を含めて、5年以上にわた矯正歯科臨床研修を修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者。
4.学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表した者。
5.学会倫理規定を遵守する者。

痛みの少ない矯正器具

痛みの少ない矯正器具当院は、カラダにやさしいワイヤーを使用しています。

一般的に矯正治療は、ワイヤーを用いて歯に力をかけて動かします。その際、2〜3日、どうしても多少の違和感が生じます。特に治療の初期に堅いワイヤーを多用すると、違和感が強くなってしまいます。

そこで当院では、この違和感をなるべく少なくするように、ニッケルチタンワイヤー、いわゆる超弾性ワイヤーを使用しています。このワイヤーは、普段はとても柔らかいワイヤーなのですが、体温に反応してゆっくりと活性化します。少しずつ無理のない力を加えることができるので、違和感も生じにくくなるというわけです。このことから、ニッケルチタンワイヤーは「やさしいワイヤー」とも言われています。

当院ではこのワイヤーを、子供さん成人の方すべてに使用しています。

関連ページリンク

当院の6つの強み目立たない矯正追加料金なし
なるべく抜かない矯正メインテナンス滅菌システム
日本矯正歯科学会認定医子供の矯正・成人の矯正治療例治療の流れ
料金表医療費控除よくあるご質問患者さまの声

無料カウンセリングを行っています

ご予約・お問合わせ:ひらの矯正歯科。045-366-0044。相鉄線 三ツ境駅 南口より徒歩6分。厚木街道沿い。神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町304-1


トップへ » 当院の6つの強み » 日本矯正歯科学会認定医


コールバック予約