横浜の矯正なら「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

顎間ゴム(矯正治療用のゴム)

矯正装置には、みなさんがイメージのすぐに湧く
ブラケット、ワイヤー以外にも様々なものがあります。
患者さんの状態によって使う矯正材料が色々と変化もします。

今日はその中で使用頻度の高い矯正材料の一つ、
顎間ゴム=エラスティック(矯正治療用ゴム)
について書いてみようと思います。

 

顎間ゴムというのは、上顎の矯正装置と、
下顎の矯正装置の間にまたがるように輪ゴムの様なゴムを架け、
歯の移動をスムーズに進めたり、上下顎の前後移動などに力を発揮したりします。
例えば上顎前突(出っ歯)の場合、Ⅱ級ゴムという顎間ゴムを
付けて上顎前歯を後方に引っ張る役割があります。
逆に下顎前突(受け口)の場合はⅢ級ゴムといって、
下顎前歯を後方へ牽引する役割があります。

つけっぱなしブラケットやワイヤーとは違い、
食事の時と歯磨きをする時以外には患者さん自ら
上下の矯正装置の間に顎間ゴムを架け持続的に力をかけ続けるため、
患者さんの協力が治療効果にとても大きく影響を及ぼします。

 

顎間ゴムを付けると歯に力が加わるため、始めのうちは少し話しづらかったり、
違和感を感じる場合もあります。
患者さんの中にはそれが嫌で「寝るときだけ付ければいいや」とか
顎間ゴムを装着する時間を短くしてしまう人も時々います。
この顎間ゴムは、患者さん自身で脱着するため、極端な話
付けないでいることも出来てしまいます。

装着している時間が短くなればなるほど、
矯正治療効果も落ちてしまいますので、
治療終了までの期間が長くなってしまうことも出てきてしまいます。
子供の矯正の場合は、親御さんが頻繁に確認することも大切かもしれません。

 

顎間ゴムというのはとても小さなゴムですが、
顎の前後移動などとても大きな役割があります。
名脇役的な矯正材料ですが、患者さんの協力の大切さも含めて
価値をお伝えできればと思い、今日は顎間ゴムに関して書いてみました。

 

ひらの矯正歯科

痛みの少ないワイヤー ~ 形状記憶合金アーチワイヤー ~

矯正治療は痛みがあるというイメージはありませんか?
今回は、矯正材料の観点から矯正の痛みに関して書いてみたいと思います。

矯正治療は、ブラケットという矯正器具を歯に接着します。
そのブラケットにアーチワイヤーと呼ばれる歯列の形をしたワイヤーを繋げて、
ワイヤーが元に戻る力を利用して歯を動かすことによって矯正治療は行われます。
ワイヤーとブラケットは細い針金のようなもので繋げる
「結紮(けっさつ)」というやり方と、
近年進化してきているブラケット自体に
ワイヤーを歯に留めるシャッター構造を備える
「セルフライゲーション」というやり方があります。

結紮するやり方は、ブラケットにアーチワイヤーをしっかり固定するので、
歯のコントロールは正確にしやすいというメリットがあり、
セルフライゲーションは歯の固定がゆるやかな分、
患者さんの負担が少ない等、それぞれメリットがうたわれています。

今回お伝えするのはブラケットとワイヤーの固定の仕方ではなく、
アーチワイヤーそのものについてです。

過去においてアーチワイヤーというのは
医療用ステンレススチール合金がメインでした。
技術的に細くする限界もあったため、
かなり昔はかなり強い力が歯にかかってしまうため
出来る限り歯の凸凹に合わせてアーチワイヤーを曲げて、
少しずつ動かしていましたが、矯正医の経験に左右する面が大きく、
矯正は痛いというイメージになってしまいました。

 

材料と矯正自体の考え方の進化が進み、
現在は弱い力で歯を動かすことが可能になってきました。
ひらの矯正歯科で使用しているものもそうですが、
近年、NiTi(ナイタイ)ワイヤーという材質のアーチワイヤーが
多く使われるようになりました。
これはチタンとニオビウムという金属の合金で、
元々宇宙工学の分野で発達した技術です。
ステンレスより永久変形(ワイヤーが曲がってしまったままになること)しづらく、
持続的に弱い力で元の形状に戻ろうとする特徴があります。
更にその金属を約0.3㎜程度まで細くしたものを矯正治療で使っています。
また、人間の体温に反応して動くワイヤー(カッパーナイタイ)も存在します。
いわゆる形状記憶合金ワイヤーです。

この技術の進歩により、歯に余計な力を加え過ぎるリスクが減り、
かつ歯の移動をスムーズに出来るようになってきました。

 

様々な要因で出来上がった歯列を、外から力を加えることで
綺麗に並べていくので、全く痛みがない、違和感がないというのは
難しいのが実情ですが、技術面だけでなく
材料の面からも、不快感や違和感など日々
大きく改善されてきています。

 

痛みに関しては多くの患者さんが気にする部分です。
どういった取り組みをしているかなども含めて
気になることは矯正歯科医に是非、ご質問ください。

 

ひらの矯正歯科

矯正治療中に引越しや留学などが決まった場合

10月が近づき朝晩が冷え込むなど秋の気配がやっと感じられる様になりました。 10月が近づき朝晩が冷え込むなど秋の気配がやっと感じられる様になりました。台風もやってきそうとのニュースもありましたので皆様ご留意下さい。

さて今回は、タイトルの内容のブログです。
矯正治療は症状にもよりますが保定装置の期間を入れると年単位の時間が必要になります。その為、治療途中の注意点がいくつかございます。
今回はそのうちの一つ、引っ越しや留学など、定期的なご来院が難しくなった場合のお話になります。(横浜から横浜へ引っ越しなど来院が続けられる場合は、ご心配ありません)
矯正治療中に留学や引っ越しなどがある場合または、予定がある場合は、必ず私たちスタッフにお早目にご一報お願いします。特に注意しなくてはいけないのが、短期留学や、数か月の出張、ご出産時における実家への帰省などの場合です。

引っ越しなど明らかに大きな移動に関してはほとんどの患者さんがそれをご相談下さいますので、引っ越し先の矯正歯科専門医を紹介し治療の続きを受けられるように出来ます。しかし、短期の場合だと、「どうせすぐに戻ってくるから大丈夫!」と思いがちです。
矯正治療は、ブラケットとワイヤーが口腔内(口の中)にある限り、基本的に力はかかり続けます。つまり歯が動き続けるということが言えます。短期であったとしても、数か月の間、病院に来られないとその分、想定外の動きをしてしまったり、もし想定外の動きをしてしまった場合、その歯を元に戻すのに余計に時間が余計にかかってしまったりします。その分、治療期間が延びてしまいます。

また、ブラケットを装着したまま歯科医院の管理がないと磨き残しが多く残ってしまった場合、歯周病の原因になってしまう。虫歯になってしまう。装置が外れたままで歯が思わぬ方向へ動いて行ってしまう等、様々なリスクが生じます。お願いしている来院間隔の定期的なご来院は、そういった意味でもとてもとても大切です。

事前に留学や、出張、引っ越しなどがある場合、その移動先の矯正専門医を紹介することも出来ます。たとえ短期間であったとしても、ワイヤーが折れたり、ブラケットが外れた等のトラブルにも対処出来ます。
短い、長いに関わらず、安全に正確に矯正治療を進めるためにも注意して頂きたいポイントになりますので、ご留意頂けましたら幸いです。

裏側(舌側)矯正は虫歯になりやすい?

近年、見えない裏側矯正(舌側矯正)に関して色々と
情報がインターネットを通じて出回るようになってきました。
今回はその中から「裏側矯正と虫歯の関係」に関して書いてみます。

 

たまに「裏側矯正は虫歯になり易い」という噂を耳にします。
ひらの矯正歯科に来られる患者さんからも
「裏側矯正は本当に虫歯になりやすいのですか?」
というご質問をお受けすることがあります。
ブラケット(歯に接着する矯正装置)が歯に付けば、
その分磨き残しが出来てしまい
虫歯になるリスクが増えてしまうということはあります。

 

しかし実は裏側矯正だから虫歯になり易いかというと、
実は一概にそうとも言えません。

歯の裏側は、エナメル質(表面の一番硬い層)が
表側のそれと比べ約3倍近く厚く、
虫歯の原因となる虫歯菌の出す酸に対しては
表側よりも実は強いのです。

更に歯の裏側というのは常に唾液が循環していて、
虫歯菌を停滞させず洗い流す環境が整っております。
これを「自浄作用」と呼んでいます。
また、更に空気に触れにくいことで乾燥しづらく
虫歯を作る菌が増殖しにくい環境を維持しています。

 

ただ、自浄作用があるからと言って、
歯磨きをおろそかにしてしまうのは危険です。
治療中に虫歯になってしまうとブラケットを
外して虫歯治療をしなくてはならなくなり、
その分、矯正治療期間が延びてしまいます。

その為ひらの矯正歯科ではキッチリと
国家資格を持った歯科衛生士によるブラッシングトレーニングをするようにしています。更に月に1回の来院時には歯を徹底的に磨き上げる
「PMTC」=Professional Mechanical Tooth Cleaningを行います。

裏側矯正だから表側矯正と比べ虫歯になり易いということはありませんが、
しっかりと歯磨き、メンテナンスをすることで矯正期間を予定通りに、
そして治療期間中も快適でいられるよう二人三脚で治療を進めていくことが
何より大切だと考えています。

「健康的な歯並び」「健康的な虫歯のない歯並び」を目指します。

 

ひらの矯正歯科