横浜の矯正なら「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

裏側矯正が表側矯正より高いのはなぜですか?

 近年、大人の方でも矯正治療をされる患者さんが増えてきているように感じます。
電車を乗っていたり横浜辺りを歩いていても
ブラケット(矯正装置)を装着された方をよく見かける機会が増えました。
同時に昔のようにギラギラな金属のブラケットではなく、
白いブラケットを付けている患者さんが最近では多くなってきているようです。

 それは日本においても装置の審美性、なるべく目立たない様に矯正をしたい
といった様に矯正治療中でも装置の審美性に対する意識が
高くなってきているからということだと思います。

 ひらの矯正歯科では、金属の装置での治療はせず
(見えない部分の奥歯は、白い装置が存在しないため奥歯は除く)、
患者さんの要望に出来る限りお応えしていきたいということで
白い審美タイプのブラケットでの治療を行っています。
しかし、更に他人に全く装置を気づかれたくない方のために
「見えない矯正」も行っております。
この「見えない矯正」いわゆる舌側矯正(裏側矯正)を
全ての症例で対応出来るようにしています。

 ひらの矯正歯科では、見えない矯正、裏側矯正に関しての問い合わせを多く受けます。
今回はその中でも多い質問にお答え出来ればと思います。

Q「裏側矯正が表側の矯正より高いのはなぜですか?」

 これは色々な理由から考えられます。
ただ単に表側についている装置を歯の裏側につけて治す
といったように簡単にはいかず、
技術的にも裏側矯正というのは表側矯正と比べて
難しく、力のかかり方が逆など、それなりの経験と技術が必要になります。
ただ、技術的に難しいから高く設定しているというわけではありません。

 大きな理由の一つとして、裏側矯正独特の
「インダイレクトボンディング」というやり方で
ブラケットを歯に付けなくてはならないということがあります。

 歯の裏側の形態は特殊で歯の表側ですと平らな面となっておりますが、
歯の裏側は、結節といわれる突起があったり表側と比較して凸凹した形態と
なっていますので、患者さんそれぞれにオーダーメイドの歯の模型を作り、
その形態に合わせてブラケットを製作します。

 更にそれを患者さんの口腔内に付ける為に
「ジグ」と呼ばれるボンディング(装着)の為の器具を作ってから
ブラケットを歯に付けます。

 つまり、患者さん一人一人に専用の模型を作製し、
更に凸凹した形態の歯の裏側、しかも見えにく箇所に性格の装置を
セットするために正確な装着の為の器具を作る必要があるため
通常より料金が高くなる場合が多いということになります。

ひらの矯正歯科では、矯正器具専門の熟練した技工士さんに製作をお願いしております。

裏側矯正の作成に熟練した技工士さんでも、
完成するまで、まるまる1か月がかかります。

 技工士さんが作成した裏側矯正器具を一度、
当院まで戻して頂き、私自身が細かくチェックをして再度、
技工士さんにお渡ししてやっと装置完成という流れで
手間と時間がとてもかかります。

 患者さんの型どりが終わって、次回に裏側矯正装置のセットまでの
間にこんなやり取りが行われているのです。

 裏側矯正の種類には上の歯を裏側矯正にして、
下の歯を白いブラケットの表側矯正にするという
ハーフリンガルという方法もあります。

 ひらの矯正歯科では、上下、全ての装置を裏側にする方法、
ハーフリンガルの方法もどちらも選択をすることが出来ます。

 ひらの矯正歯科では、どんな症例でも裏側、表側両方治療を
することが出来ますので、歯並びや装置の種類など、
気になることがありましたら、
いつでもお問い合わせ頂けましたら幸いです。

ひらの矯正歯科

東京矯正歯科学会 2014年

 昨日、休診日に東京矯正歯科学会に参加してきました。
台風が迫っており電車が止まってしまうか心配しておりましたが
思ったほど雨も多くなく、安心しました。
ただ物凄い湿気でスーツ姿の私には暑さにこたえました…..。

学会はというと
 特別講演において「ips細胞技術により神経系の再生医学・疾患研究」
というタイトルにて
慶応義塾大学医学部 岡野 教授のご講演もあり最先端の
医療研究の発表もあり有意義な学会でした。
 またインプラント矯正についての発表など臨床に直結する発表も
数多くあり今後の臨床にいかしていきたいと思います。

ひらの矯正歯科

夏季休診のお知らせ。~ひらの矯正歯科2014年~

 気が付けば夏は、そぐそこへ
7月に入りました。
梅雨もあと2週間ほどでしょうか

さて2014年 夏季休診のお知らせをさせて頂きます。

8月10日(日)~14日(木)まで

 上記期間、夏季休診とさせて頂きます。

ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い致します。

※上記期間の装置の不具合など緊急の場合
下記までご連絡をお願い致します。
応急処置をして頂けます。

横浜市歯科保険医療センター(休日急患診療所):045-201-7737

ひらの矯正歯科

アナと雪の女王を観て…….。

 娘のかねてからの要望で映画「アナと雪の女王」を家族で観てきました。
テーマは、「真の愛」。大人も子供も感動のとても良い映画でした。
 さすがディズニー!
映像もさながら劇中の歌もとても素晴らしかったです。

eiga2014.jpg

 あとで知ったのですが、吹き替えは、エルサ役:松たか子さんと
アナ役:神田沙也加さんで、どちらの方も
その歌唱力は、凄く、まさに適役でしたね。

 矯正治療にいらっしゃる患者さんとの会話の中で
「先生~、アナと雪の女王みた?」と聞かれます。
今までは、「今度観るね!」と
お話ししていましたが、これからは、
一緒に内容のお話しをすることが出来ます!

 劇中の歌で松たか子さんが歌う
「ありのままの~」という歌詞の話を
うちの子供たちと話をしていたところ、
子供たちは、「ありのままの」を「蟻のママの」と思っていたらしいです(笑)

子供の発想は、面白いですね!

ひらの矯正歯科

歯科用CTが稼働しています。

 あっという間にゴールデンウィークが終わりました。
今年は医局時代の後輩ドクターの結婚式が大阪であり出席させて頂きました。
結婚式、幸せいっぱいで、いつ行ってもいいですね!

 さて、当院、ゴールデンウィーク中に歯科用CTレントゲンを導入しました。
いわゆる一般的によく医科で聞くCTの歯科用のタイプです。

 歯科医院にある一般的なレントゲンは、
デンタルレントゲン(1本から数歯を写す小さいレントゲン)、
パノラマレントゲン(上下歯列全体を写すレントゲン)になります。
矯正歯科に限ってはセファロ(上下の顎の骨、歯全体を写す矯正専門のレントゲン)
といわれる矯正専門のレントゲンがあります。いずれも平面の2Dレントゲンです。

 通常の歯科診療や矯正治療であれば上記レントゲンで十分ですが、
過剰歯といって埋まっている歯などある場合、
上記レントゲンでもどこに埋まっているか分かりますが、
どの深さにどの様に埋まってしまっているかまでは分かりません。
そこで歯科用CTが役に立ちます。

 歯科用CTは、3D画像のレントゲンが撮影できますので、
骨の中のどこに、どの様に歯が埋まっているかしっかり分かります。
深さの距離測定も可能です。
全ての患者さんに必要なわけではありませんが、
その他さまざまな診断に役にたつレントゲンです。

歯科用CT.jpg

※この画像は、ご本人の許可を得て掲載しています。

 今までは、撮影が必要な方は、大学病院等に撮影依頼をしていましたが、
これからは当院で撮影出来ます。

 外部依頼の撮影ですと別の病院に行っての撮影になりますので、
撮影のために別の病院に行かなければいけない等、
患者さんにご不便をおかけすることもありましたが、
当院で撮影することが可能なためこういった煩わしさはなくなります。
すべての患者さんに撮影するレントゲンではありませんが、
ここぞという時に力を発揮してくれます。

ひらの矯正歯科

...1020...2627282930...4050...