矯正歯科のお話:「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

大人の矯正治療のメリット

今回は、大人の矯正治療に関して書いていこうと思います。

子供の矯正治療に関しては、顎の骨の成長をある程度コントロールしながら
永久歯を抜かない非抜歯での治療の高めることができるなどが言われていますが、
成人の矯正治療に関してもいくつかメリットはあります。

以前、主体的に矯正治療に取り組めることで、
着脱式の矯正装置もしっかりと使い、
治療期間が比較的予定通りになる傾向があるということを
書いたこともありますが、今回はそれ以外のメリットをいくつかご紹介します。

①  すぐに治療を開始できる
小児矯正と違い、成人矯正はすでに永久歯列になっているため、
歯の萌出を待つ必要はありません。
基本的に12~13歳程度までに28歯全てが生えそろいますが、
小児矯正の場合は最終的な咬合、歯列の仕上げとして永久歯が
全て出てくるまで待つ期間が生まれることがあります。

②  抜歯、非抜歯が明確

基本的に抜歯が必要になるケースというのは、
歯列を並べる顎のスペースが足りない場合です。

子供の場合、骨の成長過程にある為、
成長を促しながらスペースを確保し、
非抜歯治療の方向に比較的持っていきやすいというのはあります。
しかし、遺伝の要素も含まれるため、
最終的に顎の骨がどこまで成長するかは
あらかじめ完全にわからない部分がある為、
実際に治療途中で方針が変わることもあります。

それに対して成人矯正はすでに骨の成長過程は終わっているため、
矯正治療開始前の直近の段階で抜歯が必要かどうか
わかりやすいということが言えます。
非抜歯で治療する方法としては
歯を並べるスペースを確保する方法として
歯列弓(アーチフォーム)を広げる、
大臼歯を奥に移動させる、など様々ありますので、
矯正専門医にご相談下さい。

③  治療装置を自分で選ぶことが出来る

これはある意味当たり前のことですが、
矯正装置を自分の判断で決めることが出来るということもメリットです。
審美性を優先するために裏側矯正(舌側矯正、リンガル)を
選択することもできますし、費用面を優先するために表側矯正を選択する、
あるいは痛みなどを軽減するためにセルフライゲーションを選ぶこともできます。

ご自身の生活状況、お仕事の種類なども含めて相談し、矯正治療を行えます。
また治療期間中に思った疑問もすぐに聞くことが出来ます。
これはほとんどの場合ご自身の意志で矯正治療を開始しているため、
多くの患者さんが日々治療に関して矯正専門医と
コミュニケーションを取りながら矯正治療を進めていく傾向があります。

他にもメリットは様々ありますが、
基本的にご自身の意志で矯正治療を始められる
ということがベースにあるのではないでしょうか。

また矯正治療は口腔内の状況によりますが
基本的に年齢関係なく行えます。
気になった時に矯正専門医に相談してみていただければと思います。

ビジネスパーソンの歯列矯正

今回は少し趣向を変えて、ビジネスパーソンと歯列矯正について
お話していきたいと思います。

皆さんの周りの方で、矯正治療をされている方を少し思い出してみてください。
家族・友人など思い出されるのは様々かと思いますが、
性別で言うと女性を思い出された方が多いのではないでしょうか?
これはこれまで歯列矯正が見た目の改善など
審美的なイメージが強かったからではないでしょうか?

実はアメリカなどでは、ビジネスパーソンの出世の妨げになるものとして、
「肥満」「喫煙」が代表的な要因に挙げられていますが、
それと並んで「歯並びの悪さ」も関係していると言われています。
しかし、客観的に考えてみるとこれは日本でも同じことが言えると思います。
それでは、男性にどれだけ矯正治療が広がっているかを調査したデータがありますので、ご覧ください。

年齢別2.jpg

男女別2.jpg

少し古いデータにはなりますが、
年齢比較から見てみると18歳以上の大人になってからの
矯正治療の割合は高くなっています。
また、男女比較で見てみると、わずかではありますが
男性の治療割合が増加しております。
この調査から、少しずつではありますが男性の方々にも
審美面や健康面から矯正治療が広がってきているのではないかと思います。

最近の男性のケースで考えると、営業やサービスなど、
人と接する機会の多い方の歯並び相談が増えてきています。
また以前ご紹介しましたが、英語を仕事で使う方も相談が増えています。
発音の問題と、歯並びに対する海外の方の意識に自分も合わせていく
ということをおっしゃっています。
中にはパートナー(奥さんや彼女さん)に言われて来た
という方もいらっしゃいます。

若いうちに治療を行った方が確かに歯の移動も早く、
叢生(乱杭歯、凸凹)なども治るのが早い傾向があります。

しかし、重度の歯槽膿漏などが無い限りは矯正治療を行えますので、
社会で活躍されている男性もこの歳になってと思わずに、
一度検討してみてはいかがでしょうか。

矯正装置も見えない裏側矯正(舌側矯正、リンガル)を
選択することもできますので、治療の費用や期間など
気になることはカウンセリングでご相談に乗らせていただければと思います。

歯並びとスマイルを大切にするアメリカ人

アメリカ人が日本人と比べて歯列矯正を受ける割合が高い
という話をよく耳にします。

なんと約25倍の矯正治療経験者がいるというデータもあるくらいです。

今回はアメリカと日本の矯正治療に関しての比較
について考えてみたいと思います。

アメリカ人の方が多いとはいえ、
日本の矯正治療患者も増えてきている気もしますが、
その要因の一つとして海外との接点が増えてきたこともあるのではないでしょうか?

実際、留学や海外への転勤を考えて発音の観点から
矯正治療を始められる患者さんもいらっしゃいます。

また、海外で矯正治療を開始して、途中で帰国したため
治療の続きを当医院で行う、あるいは逆のパターンもあります。

こういった海外と日本の両方で矯正治療をやられた方に
お話を聞くと様々な観点から違いが見えてきますし、
だんだんとそのギャップも埋まってきている感じもします。

まず歯に対する意識の違いが最も大きい差のようです。

渡米経験がある方々に聞くと、歯並びがガタガタな人や、
上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口、反対咬合、しゃくれ)など
重度の不正咬合の方をまず目にしないということをおっしゃっています。

アメリカの文化では、そういった不正咬合は貧しさを象徴しているという
認識もあり、漫画などでも悪役や貧しい人を描く際には
歯並びをガタガタに描くそうです。

そのため多くのアメリカ人の親たちは、特に子供の歯並びに関しては、
誰かに勧められることなく歯列矯正に対して積極的です。

また不正咬合による健康リスク、例えば齲蝕(虫歯)や歯槽膿漏、
発音に関する問題だけでなく、スマイルそのものに対する意識も高いようです。

多種多様な人種がいるということもあり、
相手に安心感を与えるためにもスマイルが生きるために
必要なものとされてきたという話もあります。
そして日本と違い挨拶としてのキスを習慣にしています。
恋人や夫婦だけでなく友人間でも日常生活に浸透しているため、
口臭も含めて重要と捉えているようです。

もちろん歯並びに対する意識の違いだけでなく、
自由診療の観点から費用の違いもあります。
文化や歴史の違いがありますので、
もちろんどちらが正しいという話ではありませんが、
海外との距離が近くなってきた近年において、
少し意識を外に向けてみても良いかもしれませんね。

妊婦さんと矯正治療

今回は妊婦さんと歯科矯正治療についてのお話をしていきたいと思います。
妊婦さんと矯正治療は一見関係ないように思えますが、
最近では少しずつ相談が増えてきている内容となっています。

女性にとって出産は一大イベントであると同時に
身体にかかる負担も相当なものになります。
お腹の赤ちゃんのために口にするものに対して気を遣ったり、
つわりや倦怠感などから活動を制限される時期も出てきます。
病気だけでなく、風邪などの治療においても、
化学薬品などの使用もかなり制限されることとなります。

そういった中で、妊婦さんはまずご自身の健康を保つことが
総じて赤ちゃんのためにもなるため、様々な自己管理が必要になってきます。
ただ自己管理といっても漠然としていますが、
私たち矯正治療の観点からどういった点が役立てられるか、
なぜ歯列矯正が必要になるかという点についてお伝えできればと思います。

まず第一に栄養の観点から歯列矯正のメリットが考えられます。
食べるのがつらい時に、少しでも消化・吸収を促すために
咬合関係(噛みあわせ)を改善して栄養補給を
促すことにつなげることが出来ます。
とても当たり前のことですが、人は食べ物で出来ています。
毎日の咀嚼は、消化機能の入り口です。
歯列と咬合を整えることにより
消化吸収を助けることは間違いなく大切なポイントです。

次に口腔内トラブルを減らせる点が考えられます。
つわりなどで動くのがつらい時に歯磨きが十分に行き届かずに
齲蝕(虫歯)になるというリスクがあります。
またなかなか活動出来ない状態になった際に
虫歯治療に行くことは大きなストレスになってしまいます。
歯並びが綺麗に治っていると、磨き残しが減り、
齲蝕リスクを軽減したりすることが出来ます。

またあまり知られておりませんが、出産時には
いきむ際に歯を食いしばるため、咬合関係(噛みあわせ)によっては
歯の一部に力がかかってしまい、歯が欠けてしまうという事例もある様です。

一般的に矯正治療は2年から3年かかることが多くなっているため、
妊娠が分かってからのタイミングでは少し難しくなることが予想されます。
そのため、妊娠を考えられている方やまだ独身の女性の方も
今後の人生設計のためにも矯正治療の時期を加えて検討してみるのも
いいのではないでしょうか。

私たちも患者さんの置かれた状況などを最大限考慮して、
希望にお応えできるように努力していきたいと思っておりますので、
一度今後のためにもお気軽に相談にお越しいただけたらと思います。

大人の矯正治療

歯列矯正と聞くといつ頃から始めれば良いのか?
という声をよく聞くことがあります。

当院では、小児の方から大人の患者さんまで
幅広い年代の方に来院して頂いております。

子供の時期に矯正を始めると、
成長の観点などから永久歯の為のスペースを確保しやすく、
抜歯をしない治療を行える可能性が上がる
といったメリットなどがあります。

では大人になってからではすでに遅く、
抜歯をしないと治療が行えないのかと言われるとそうではありません。
口腔内の大きさなど個人差はありますが、
歯列(歯並び)を拡大して抜歯せずに治療を行えることもあります。
あるいは大臼歯を遠心(後ろ方向)へ移動することで解決することもあります。

また、大人の矯正治療では主体的に矯正を始められる方が多いため、
積極的に治療に対して向き合っていただけることが多いと感じます。

一言に矯正治療といっても様々な治療のステージがあります。
イメージしていただきやすいのが、歯にブラケットやワイヤーを装着して
歯を動かし、歯列を改善している期間(動的矯正治療期間)。
あまり意識として無いリテーナーという装置を使用して、
並べ終わった歯列が後戻りしないようにする期間(保定装置期間)などがあります。

動的矯正治療期間には齲蝕(虫歯)にならないように
今まで以上に歯磨きをしたり、患者さん自身で装着していただく
顎間ゴムを使用することもあります。
保定装置期間もきっちりと行っていただかないと
後戻りの原因となったりするため、長い期間
矯正専門医、衛生士と患者さん自身が一緒に協力をして治療をしていく必要があります。

大人の患者さんでは、そういった必要性も理解していただきやすく、
積極的に協力をしていただけるために
質の高い矯正治療が行えるというメリットもあるかと思います。

いずれにしてもきちんと理解していただくためには
医院と患者さんの間でしっかりと情報を共有し、
コミュニケーションを取ることで矯正治療は成功に近づくかと思います。
ですので、まずは成功の第一歩としてお気軽に御来院頂き、
ご相談して頂けたらと思います。

...89101112...20...