よくある質問1|ひらの矯正歯科

矯正治療専門医院なら瀬谷区の「ひらの矯正歯科」にお任せ下さい。

駐車場15台完備・相鉄線三ツ境駅南口より徒歩6分

カード分割払い対応

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

よくある質問1

矯正治療は、何才から始めた方が良いですか?

日本矯正歯科学会では、7才までに歯並びのチェックを受けることを推奨していますが、歯並びの症状は、歯のはえ方と顎の骨格的問題の組み合わせにより症状が異なります。

治療開始時期や治療方法は、その症状により様々なので歯並びが気になる方は、なるべく早めに専門医にご相談されることをお勧め致します。

 

3才で受け口ですが、いつから矯正治療が必要ですか?

受け口は、お顔の成長に大きく影響します。受け口をそのまま放っておいてしまうと、受け口により上下の顎の成長のバランスが崩れ、お顔立ちに悪影響を及ぼしてしまう可能性が高まります。

そのため、はえ変わりや顎の成長のバランスを診ながら矯正開始時期を見極める必要があります。また、軽度の乳歯の受け口は、前歯のはえ変わりの時期に自然に治る場合もありますが、乳歯の噛み合わせと永久歯の噛み合わせは似ることが多いため永久歯になっても、そのまま受け口になってしまう場合も少なくありません。

3才では、すぐに矯正が必要でない場合が多いですが、定期的(半年〜1年に一度)に専門医のチェックが必要です。

 

矯正治療は、子供だけですか?

装置の進化と治療技術の進歩により現在では、年齢の制限はありません。

子供とシニアの矯正とでは、治療目標や方法が違います。子供の矯正は、顎の成長を利用し歯を並べたり、永久歯のスペース作りをします。シニアの矯正は、健康な噛み合わせや歯槽膿漏の予防のために行います。

20歳を過ぎると少なからず歯槽膿漏があると言われています。歯槽膿漏の原因は、プラーク(磨き残し)です。歯並びが悪いと歯ブラシが難しくプラークが多く残り歯槽膿漏のリスクが高まります。矯正でガタガタを治し歯ブラシをし易くすることが有益です。

 

私は65歳ですが、どんな装置を使いますか?

主にワイヤーによる矯正です。よくシニアの方から「この年齢で矯正をしているのが知られてしまうのが嫌」とお聞きしますが、矯正器具を歯の裏側に装着し外から見えない方法で他人に気付かれずに矯正をする方法もあります。

この方法は、年齢や歯並びに関係なく行うことが出来ますので、装置が見えてしまうという心理的負担も無くなります。他にも取り外し式の装置もありますので、一度矯正専門医にご相談下さい。

 

歯並びとスポーツは、どのような関係がありますか?

噛み合わせのスポーツへの影響として「瞬発力」、「瞬時の判断力・思考力」、「骨折や脳しんとう」、「歯の脱臼・破折」等があげられます。

良い噛み合わせは、筋肉に力が入り瞬発力や大きな力が出せます。また、良く咬むことにより脳の血流量が増え、瞬時の判断力や思考力が増加すると言われています。

NASAの宇宙食が柔らかいチューブ食から固形食へ変わったのは、良く咬むことにより思考力や判断力の低下を防ぐためとのことです。

 

サッカーをしていますが、歯並びは影響しますか?

サッカーは、接触プレーが多いため出っ歯の歯並びの方は、歯の脱臼や破折が多いスポーツです。またボールを頭で打つヘディングの場合、噛み合わせが悪いと衝撃が頭蓋骨全体に振動として伝わり軽い脳しんとうを起こすともいわれています。

よって正しい歯並びは、瞬発力や運動能力以外にも外傷を防ぐ事にもつながります。近年では、マラソンの土佐選手も「矯正治療で歯並びを治してから成績がアップした」と言ってる様にプロスポーツ選手も歯並び(噛み合わせ)を重要視しています。

 

奥歯でしっかりと噛んでも前歯が噛み合わないのですが平気ですか?

奥歯が噛み合っても前歯が噛み合わない開咬(かいこう)という噛み合わせです。

原因として1.骨格的な成長の問題、2.舌の悪い癖、3.長期の指しゃぶり等があげられます。開咬は、前歯が噛み合わないため息が漏れてしまい発音障害や咀嚼障害(食べ物が咬み切れない)等の弊害が出てきます。

また、舌の癖などを放置してしまうと「癖」から「習慣」に変わってしまい対処が難しくなってしまいます。

 

小学1年生ですが指しゃぶりがあり開咬になっています。治療が必要ですか?

5歳を過ぎての指しゃぶりは、開咬など不正咬合の原因になる場合があります。小学生であれば早めに指しゃぶりを辞めさせないと歯並びだけでなく顎の成長のバランスも崩してしまいます。

私たち矯正専門医は、指しゃぶりを辞めさせる矯正装置を使用したり、また舌の悪い癖を伴うケースの場合、舌のトレーニングも行います。特に小児期では、こういった歯並びや顎の成長に悪影響を与えてしまう原因を取り除くことが重要であり将来の歯並びの安定に欠かせません。一度、矯正専門医にご相談下さい。

噛み合わせが全身の健康に何らかの影響を与えるということは、皆様もご存じだと思いますが「良く咬む」とは一体どういうことでしょうか?

良く咬むことにより、
1.脳の血流量が増加します。堅い餌を与えたネズミの方が柔らかい餌を与えたネズミよりも早く迷路を通過できたという研究もあったほどです。この研究の様に「良い噛み合わせ」は、脳に血液を循環させ健康な発達を促し脳細胞の健康を守ります。

2.食べ物をしっかり咬み砕くことが出来ると胃腸の負担を減らし栄養の吸収を良くします。また唾液の分泌も促進され唾液で歯の汚れが洗い流され虫歯や歯周病の予防の一つにもなります。

3.顎の発達が良くなります。成長期に左右の噛み合わせが悪いと顎や顔面の歪みが出たりします。

以上の様に噛み合わせ(歯並び)は、全身の健康に密接に関わっています。ガタガタの歯、受け口、出っ歯、八重歯などの不正咬合がある場合、不利になってしまいます。
普段、何気なく咬んでいる歯ですが、しっかりとした噛み合わせ(歯並び)を持つことにより、より健康な生活を営むことが出来るのです。

 

矯正装置をつけると虫歯になり易いですか?

装置には取り外し式装置と固定式装置の2種類があります。固定式装置の場合、装置に合った歯ブラシの方法や清掃用具が必要となります。

昔は歯ブラシの種類も少なく磨きにくい為、虫歯のリスクもありましたが、近年では装置周りを磨くための小さい矯正専用のブラシや補助清掃用具が数種類登場したことにより、装置周りの清掃方法の難易度が飛躍的に改善しました。

また虫歯菌等を殺菌するクロルヘキシジン配合の特殊な研磨剤を使用することにより、そのリスクを下げることが出来ますのでご安心下さい。

 

小学生ですが矯正をする場合、歯磨きが心配です。

小学生ですと装置は、主に取り外し式の装置を使用しますので装置による歯磨きの心配はないと思います。

また一部の歯に固定式の装置を使用することもありますが、数種類ある小さい矯正専用の歯ブラシの中からご本人に適した歯ブラシをご提案し、歯磨きの方法をご指導致しますのでご安心下さい。

歯は一生ずっと必要なものです。装置による歯磨きの心配は解消できますので、歯磨きの難しくない歯並びにすることが大事だと思います。

 

関連ページリンク

緊急連絡先について
横浜市歯科保険医療センター(休日急患診療所):045-201-7737までご連絡お願いいたします。
医院が休診の際に何かございましたら上記までご連絡下さい。