よくある質問2|ひらの矯正歯科

矯正治療専門医院なら瀬谷区の「ひらの矯正歯科」にお任せ下さい。

駐車場15台完備・相鉄線三ツ境駅南口より徒歩6分

カード分割払い対応

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

よくある質問2

矯正で歯を抜くことがあると聞きましたが、本当ですか?

歯のガタガタの程度が大きい場合、歯を並べるスペース作りのために永久歯の抜歯が必要なことがあります。ただし、それは最終手段となります。

小児期に矯正治療を開始した場合、取り外し式装置を使用し顎の成長を促進させることにより、顎をある程度広げることが出来るため将来的に非抜歯(永久歯を抜かない)矯正の可能性が高まります。日本矯正歯科学会では、小児矯正を受けた方の約70%が非抜歯で矯正が出来たとの報告もあります。

 

7歳ですが、歯を抜かずに歯並びを治せますか?

7歳ですと混合歯列期(乳歯と永久歯が混じった時期)にあたります。この時期は、前述の様に永久歯のスペースを確保することが可能です。

小児矯正のすべての方が非抜歯矯正とはいきませんが、小児矯正を受けた方の約70%の方が非抜歯矯正となっている現状を考えますと、早期の小児矯正は十分に価値のある治療といえます。

矯正専門医にとってもなるべく永久歯は抜きたくありません。日本矯正歯科学会でも7歳までに一度、歯並びのチェックを推奨しています。矯正専門医にご相談下さい。

 

子供の顎は、成長につれて大きくなり、歯並びも自然に治ると聞いたのですが?

歯がはえている顎の骨は、8歳前後が一番大きく成長するといわれ、その後の成長は、緩やかとなり、あまり期待が出来ません。

現代の子供さんは、「歯のサイズが大きい」、「顎の幅が狭い」という特徴があります。顎の成長によってある程度ガタガタは、ほどけますが、自然に歯並びが治ることはありません。しかし小児矯正を行うことにより、取り外し式の装置などで顎の成長を促進することにより、約70%の方が永久歯を抜かずに歯並びを治すことが出来ると言われています。

 

乳歯があるうちに始める小児矯正のメリットはなんですか?

1.あごの成長を利用して永久歯のスペースを作ることが出来るので将来的に永久歯を抜かずに治療できる可能性が大きくなります。

2.ワイヤーを使う本格矯正が必要なくなるケースもあり装置の負担が軽減でき、費用的な負担も抑えられます。

3.八重歯やガタガタの歯などは、海外では、マイナスのイメージが強いため、留学やホームステイを希望される方は、歯並びを綺麗に治しておくことがメリットとなります。

 

学校歯科健診で不正咬合に○がついていたのですが

○がついていても必ずしも矯正治療が必要な訳ではありませんが、小児期に矯正治療の時期を逸してしまうと後々大変になってしまうケースもあります。早めに矯正医のチェックを受け適切なアドバイスをお受け頂くのが良いでしょう。

 

どういった装置を使いますか?

当院では、乳歯があるうちは主に取り外し式装置を使用します。主にご自宅でご使用頂きますので周りの視線を気にせずに治療が進められます。

 

見えない矯正は可能ですか?

可能です。歯の裏側に器具を装着することによって表から見えない裏側からの矯正が可能です。年齢制限もなく噛み合わせに関係なく可能です。

 

矯正をすると虫歯が心配ですが

当院では、専門の歯科衛生士が治療ごとに毎回歯ブラシ指導徹底して行い、新たな虫歯を作らないことを目標にしています。

 

来院の間隔はどの位ですか?

おおよそ一ヶ月に一度のペースです。一ヶ月に一度ご来院頂き装置の調整や歯の動きをチェックします。

 

矯正治療は、何才まで可能ですか?

歯を支えている組織(歯ぐき等)がしっかりしていれば、矯正治療は何才でも可能です。

「A badge of childhood, now worn by more adults−今や子供時代の象徴ともいうべき矯正装置が多くの大人にも付けられるようになってきた」これは昨年のニューヨークタイムズ誌の記事の見出しです。同じく日本でも成人の矯正患者さまが増加傾向にあります。その背景には、表から見えない矯正(裏側矯正)など審美的装置の登場なども一つの要因と考えられます。

 

関連ページリンク

緊急連絡先について
横浜市歯科保険医療センター(休日急患診療所):045-201-7737までご連絡お願いいたします。
医院が休診の際に何かございましたら上記までご連絡下さい。