横浜の矯正なら「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

歯科用CTについて

裏側矯正(リンガル)やマウスピース型矯正装置など、

矯正治療方法が気になる患者さんは多いかと思いますが、

実は矯正治療において、もっとも大切なステップは「検査、診断」かもしれません。

 

というのも、どれほど技術が高く、あるいは治療中に目立たない装置を使用しても、

不正咬合の症状や原因を明確にせずに治療を開始すると、

治療結果がおかしくなってしまうからです。

 

ご存知の通り、歯は見えている部分(歯冠)と、見えていない部分(歯根)があります。

一見見えている部分だけ見た目を良くしても、歯根が綺麗に並んでいないことで後から問題になってしまうケースは多々あります。

歯を大きく削り、被せ物で“並んでいるように”しても、

日々の生活の中で負荷がかかり、被せ物が壊れてしまったり、

顎関節に異常が生じてしまいます。

 

これまでもお伝えしてまいりましたが、不正咬合の種類は様々ですが、

患者さんによってその原因や症状の度合いも全く違います。

そのため、正確に検査を行い、診断して治療計画を立てていくことが重要になるのです。

 

 

そこで重要になってくるのが歯科用のデジタルレントゲンと歯科用CTです。

 

デジタルレントゲンはほとんどの矯正を専門に治療している歯科医院にあると思います。医科で使用する胸まで撮るものと比べて被ばく量は圧倒的に小さく済みます。

デジタルレントゲンで撮った写真は、拡大することで親知らずの状況や埋まってしまっている歯の状態、いわゆる外観から見えない骨の中の状況を3次元的に把握することができます。

 

歯科用CTは更に詳細に3次元的に歯の状態を正確に把握するために役立ちます。

過剰歯のように埋まっている歯や、歯根の向きや深さなどを全方位確認することが出来ます。デジタルレントゲンだけでは、撮った向きからの角度しか分かりませんが、

CTであれば全方位把握できるだけでなく、正確な測定も出来るのがメリットです。

 

 

患者さんの想像以上に歯並びは見えていない部分の影響が大きく、

そこをしっかりと把握しないで治療を開始することは、

矯正治療後の後戻りリスクにも大きくかかわってきます。

 

ひらの矯正歯科では、実際に治療を行っている時間も大切に捉えていますが、

正確な検査と診断によって、安心して治療を受けていけるように、

そして綺麗になった歯並びを長く維持できるようにと考えています。

マスクと口臭

今回は、マスクと口臭というテーマについてお話していきたいと思います。

 

新型コロナウイルスの感染がなかなか治まらない中、マスク生活も当たり前の状態になってきているのではないかと思います。

そうした中で、よくマスクをすると自分の口臭が気になるという声を聴くことがあります。

そもそも何故マスクをすると口臭が気になるのでしょうか?

 

口臭の原因はいくつかありますが、

主な原因として挙げられるのが口腔内の菌によるものだと言われています。

この菌が舌の汚れ(舌苔)や歯垢などを分解するときに、硫黄化合物が発生し、

これが口臭の原因となるものです。

菌自体が臭うものではないため、口腔内から息を吐きだす時に臭いがするのがこの原因の特徴となっています。

そのため、マスクをしていると自分の息がマスクの中に留まるため、普段気にならない程度の臭いでも感じるようになってしまうことがあります。

 

ではこの口臭を抑えるための方法についてもご紹介していきます。

 

  • 舌ブラシ

 

舌苔の汚れを菌が分解して臭いが発生するため、

この舌苔を取り除いてあげると臭いの抑制に繋がります。

ただ、口腔内の粘膜は非常に敏感なため、

強い力で擦り取ろうとすると傷をつけてしまう可能性がありますので注意してください。

 

2、洗口液(マウスウォッシュ)

 

洗口液には殺菌・消臭効果があるため、

こちらを使用することによって菌の増殖と消臭効果が期待できます。

ただ長く効果が続くものではないため、定期的な使用をお勧めします。

 

3、ブラッシング

 

丁寧にブラッシングを行い、歯垢を除去することによって臭いを抑制することも可能です。歯周ポケットや、デンタルフロスを使用して歯と歯の間を清掃すると、

より高い効果が期待できます。

この際、上記の洗口液を併用することでも効果が高まります。

 

 

この様に一見すると当たり前の様な対策ですが、

しっかりと見ていくと意外とメンテナンスが出来ていない人が多いのかなと思います。

特に日本人の場合、叢生(凸凹、乱ぐい歯)が欧米人より強く出る傾向があり、

歯と歯が重なって生えている人が多くいらっしゃいます。

そうすると歯ブラシが届かない部分が出来てしまい、

歯垢を磨き残すことによって臭いや虫歯、歯周病の原因になってしまう可能性もあります。

 

最近では、マスクを長時間使用する人が増えており、

矯正治療を他人に気付かれにくい状態で進められるということで相談に来られる方も増えています。マスク生活は大変な部分もありますが、

こうした利点を最大限に生かしながら、

いま出来ることを考えていくというのも有意義な時間に繋がるのではないでしょうか。

口内炎トラブルのお話

矯正治療を受けるにあたり、矯正治療が口の中を傷つけてしまい、

痛みが出るのではという心配をされている方も多いと思います。

今日はそういった方への現状と、口内炎に関する情報をお伝えできればと思います。

 

■矯正装置で口の中が傷つくこともある?

 

まったくないとは言えませんが、一昔前と比べるとだいぶ減ってきているのが現状です。

というのも、まず歯につける矯正装置自体が、丸みを帯びたデザインになってきていて、

どのメーカーさんも結紮線やゴムをひっかけるウイング部分は尖っていません。

また、一番奥の部分のワイヤーが飛び出して頬粘膜を傷つけることに関しては、

ワイヤーを曲げて止めることによって頬粘膜に刺さりにくい処理を施したりしています。

 

■実は口内炎が出来る環境が一番の問題

 

矯正装置を付けたことによるトラブルよりも、実は口内炎が出来やすい状態、

あるいは出来ている状態で矯正装置を付けることによる痛みを解決することが重要だったりします。というのも、矯正材料が進化し、矯正医の技術が良くなっても、口腔内が傷つきやすい状態だと、痛みにつながってしまうリスクがあるからです。

 

■口内炎の種類と原因

 

  • アフタ性口内炎

アフタ性口内炎は、最も多い口内炎で、明確な原因はわかっていませんが赤く縁どられた2~10㎜程度の丸く白い潰瘍が出来るものです。皆さんも経験があることと思います。今のところ考えられている原因が、ストレスや栄養不足、寝不足や疲労による免疫低下などです。また、口腔内が口呼吸などで乾燥することにより、唾液による自浄効果がなくなり細菌が増殖し小さな傷から感染するというものもあります。

 

  • カタル性口内炎

カタル性口内炎は、口の中を噛んでしまったり、直接の刺激を受けて起きる口内炎のことです。こちらもアフタ性と同じく、疲れや免疫低下の際に傷になりやすいと考えられています。

 

  • ヘルペス性口内炎

乳幼児がかかりやすいウイルス感染による口内炎です。

一度治ってもウイルスが体内に残るので、体調不良の際に再発することがあります。

 

  • カンジタ性口内炎

これは本来口腔内にいるカンジタという常在菌が異常に増えることで起きるものです。

通常の健康な状態だとまず起きないものです。

 

 

これらの口内炎が起きている、あるいは起きそうな状態で矯正装置がついていると痛みにつながってしまうリスクが生じてしまいます。

 

■ご自身で出来る対策とは

 

そこでご自身で出来る対策としては、口腔内を清潔に、栄養バランスを整えた食事をして、しっかりと睡眠をとることが重要なのが見えてきます。「栄養を取ってしっかりと睡眠をとる」ということは、口内炎だけでなく、健康に関して意識をすると必ず出てくるキーワードですね。「それがなかなかできない」という声が聞こえてきそうです(笑)。

 

ただ、多くの口内炎は、細菌による感染なので、口腔内を清潔にすることで、

口内炎を悪化させずに済むこともあります。

そしてこれはそれぞれが意識することでだいぶ変わってきます。

 

■歯科医院での対応

 

それでもどうしても口内炎による痛みが起きてしまうケースでは、

歯科医院で専用の口腔内用の薬を処方したり、

レーザーによる治療をすることも出来ます。

 

 

■まとめ

 

矯正装置を付けることによる痛みが生じることはゼロではありません。

ただ、日々の口腔内ケアをすること、生活習慣を正しくすることでカバーできることもたくさんあります。また、万が一痛みを生じたとしても、歯科医院で痛みを取り除く処置は出来ますのでご安心頂ければと思います。

 

マスクと歯並びの関係

マスクをしているうちに矯正治療を開始する方が増えてきているというお話もありますが、逆にマスクをしていると歯並びが悪くなるという話を目にしました。

 

これだけ新型コロナウイルスが広がり、ワクチン開発のニュースも気になる所ですが、安心してマスクをしないで生活をするのは少し先になりそうですね。そう考えると、もしマスクをすることによって歯並びが悪くなるということが本当だと、少し怖い感じがします。

 

 

色々調べてみましたが、マスクを着用することで歯並びが悪くなるというエビデンスは見つけることが出来ませんでした。ただ、歯並びが悪くなる可能性があることが二つ考えられます。今日はその二つと対策について書いてみようと思います。

 

 

  • 口呼吸による問題

 

マスクをしている皆さんは鼻呼吸をしていますでしょうか?座っているときやお仕事中には鼻呼吸でも、意外にマスクをして移動しているときなどは口呼吸になっている方も多いのではないでしょうか?

 

口呼吸が習慣化されると、本来上顎にくっついている舌が下がってしまい、口腔内の舌と頬粘膜とのバランスが崩れて歯並びが悪化する可能性が出てきます。

 

  • 表情筋を使わなくなる問題

 

もう一つ気になるのが、マスクを着用することにより表情筋を動かさなくなってきているということです。大きく笑ったり、今まで以上に表情を動かさなくなってきている人も多いかと思います。歯並びは、筋肉の影響を多大に受けてバランスを保っている為、表情を動かすための顔の筋肉を使わなくなることにより、バランスが崩れて不正咬合につながる可能性はゼロではありません。

 

 

では、マスクを着用し続けることによって、必ず歯並びが悪くなるのかというと勿論そうではありませんし、ある程度患者さんご自身で上に書いたリスクを下げることが出来ます。まず口呼吸に関しては、この記事を読んでいる人はその時点で口呼吸している自分自身に気づきますので、ふと思い出した時に口呼吸をやめて鼻呼吸の意識をするだけでだいぶ違ってきます。二つ目の顔の筋肉ですが、ご自宅に帰った時に口を大きく開けたり、大きく「い」の形をしてみたり、鏡の前で一日動かさなかった顔の筋肉を動かしてみてください。

 

 

今回書いたことは、実はマスクをしている今だけのお話ではなく、基本的に歯並びは口腔内とその周りの筋肉によってバランスがとられているというお話です。これまでも舌癖や口呼吸のことについて書いたことがありますが、患者さんご自身である程度防げる問題でもありますので、ぜひ意識してみて頂ければと思います。

2021年の診療がスタートしました。

昨年は、コロナ禍の中ご来院ありがとうございました。

2021年の診療がスタートしました。

 

現在、緊急事態宣言が再発令されてしまいましたが、安心してご来院頂ける様

感染予防対策(ブログおよび感染対策のページに記載があります。)を

しっかりしてお待ちしております。

 

今年も宜しくお願い致します。

 

医療法人社団 誠美会 ひらの矯正歯科 院長 平野 正芳