学会・セミナー参加:「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

日本舌側矯正歯科学会とは

こんにちは。11月に日本舌側矯正歯科学会に行ってまいりましたので、
今回は、日本舌側矯正歯科学会という学会について紹介していきたいと思います。

“日本舌側矯正歯科学会は、日本での舌側矯正を発展させていくため、
会員相互が意見・技術を交換して、より高度な術式を習得するための場を提供することを目的として10人の有志により、1988年に結成されました。
本会の年間活動では、総会や舌側矯正のタイポドントコースの開催および学会雑誌の発行をおこなっています。対外活動として、アメリカやヨーロッパの舌側矯正学会の総会での発表、ケースプレゼンテーションの支援を行っています。”
(引用:学会紹介 | 日本舌側矯正歯科学会 (jloa.org))

上に書いた内容が、舌側矯正歯科学会HPの紹介文となっています。そもそも舌側矯正とは、本来歯の表側に矯正装置とワイヤーを装着して治療を行っていたものを、歯の裏側に矯正装置とワイヤーを装着して治療を行えるようにしたものです。
昔は舌側矯正で使用する装置もかなり大きく違和感が強い、
治療できる症例が限られるといったデメリットがありましたが、日々の装置や技術の改良により、そういった問題も改善されてきています。

では具体的に、舌側矯正のメリットについても紹介していきたいと思います。

1、目立ちにくい
治療を検討する人の中で、この理由が一番多いのではないかと思います。
上にも少し書きましたが、矯正装置を歯の裏側に装着するため、よほど口を大きく開けたり、意識的に見ようとしないと矯正装置が見えにくくなっています。
最近ではコロナウイルスの蔓延から日常的にマスクを着用するようになっていますので、口元が露呈するのは食事などの限られた時間になってきています。
そのため、見えにくい舌側矯正で治療を行っていると誰にも気付かれないですといった患者さんのお声を聴くこともたくさんあります。

2、虫歯になりにくい
矯正装置を装着していると、ブラッシングがしにくくなります。
そのため、しっかり意識してブラッシングをしないと磨き残しから虫歯になるリスクが高くなってしまいます。
しかし歯の構造上、表側より裏側の方がエナメル質が厚く、虫歯になりにくくなっています。さらに、歯の裏側は唾液の循環も活発なため、唾液の自浄作用で虫歯菌が繁殖しにくくなっています。
この様な観点から、舌側矯正は虫歯になりにくいと言われています。

3、舌癖の防止
上顎前突(出っ歯)の方の多くは、常に舌で前歯を押している癖があります。
口を閉じてリラックスした状態の時には、舌は上の歯の付け根から1センチほど奥に下がったタンスポットといわれる位置にあるのが正常です。舌側矯正では、裏側に矯正装置が付いているので、舌がタンスポットの位置から上に動くことを防ぐことができます。
つまり矯正装置自体が舌癖防止の役割も果たすことになり、装置を外した後の後戻りのリスクが減る可能性が高いです。

この様に、舌側矯正ならではのメリットもたくさんありますが、一人一人オーダーメイドで治療計画と治療を提供するため、技術としては非常に難しい治療です。
そのため、きちんと舌側矯正で治療できる歯科医院は限られていて、今回の舌側矯正歯科学会での発表では、舌側矯正の認定医は全国で65名ほどしかいないとのことでした。
この舌側矯正認定医は、5年ごとに症例(舌側矯正で治療した結果)を発表し症例審査を受ける必要があり、今回私も認定医更新のために症例発表をしてきました。

舌側矯正歯科学会など、専門知識や新しい技術を習得できる場は非常に有意義なため、私も可能な限り参加して知識を向上するように努めています。
皆さんの中で、舌側矯正に関してわからないことや疑問に思うことなどある場合は、いつでもお気軽に質問しに来てください。
しっかりと理解していただくまで説明するように努力しています。

日本矯正歯科学会学術大会について

今回は、多くの矯正歯科医が所属している、日本矯正歯科学会の学術大会について紹介していきたいと思います。

 

日本矯正歯科学会は、1926年に設立された歯科矯正学を専門とする学術団体のことです。

現在約7,000名の歯科医師がこの学会に所属し、技術や知識の向上に努めています。

 

今回ご紹介する学術大会というのは、年に1度、矯正歯科講座を持っている大学が主幹となり、大規模なセミナーなどを行う大会のことです。

日本全国から所属の歯科医師が集まり、知識の向上のために勉強をしています。

 

では、大会の内容についてもう少し詳しく説明していきます。

 

 

・歯科医師向けの各種セミナー、講演会

 

日本の著名な矯正歯科医や海外から学会が招待したゲストドクター、各大会のテーマに沿ったプロフェッショナルの方などによる講演が期間中開催されています。

参加のドクターは、自身の勉強したいプログラムを確認し、講演会場に足を運ぶという流れになっています。

映画を見るようなイメージをしていただくと分かりやすいかもしれません。

 

・スタッフ向けのセミナー

 

大会中は、歯科医師以外にもスタッフ向けのセミナーなども講演されています。

知識の向上はもちろんのこと、患者さん対応のコツや院内連携など、各大会の講演者によって様々なテーマが設定されていたりします。

 

・商社展示

 

矯正歯科に関する商社が、大きな展示会場で各社ブースを作り、商品の展示会を行っています。患者さんにとって気になる痛みの軽減につながるブラケットやマウスピース型矯正装置などいろいろな矯正材料が展示されています。

こういった新製品や一押し商品等、様々な商品を実際目にしながら説明していただけるので、診療の際のヒントになったりします。

日本ではそこまでしていませんが、アメリカの学会などでは車やアクセサリーの商社がブースを作っているなど見かけたこともあります。

 

・市民公開講座

 

日本矯正歯科学会では、歯科医師やスタッフ以外の一般の方向けにセミナーを行っております。

難しい専門用語などは避けながら、矯正歯科に対する知識を身に着けていただくことを目的としています。申込制の会もありますので、参加希望の場合は事前にご確認ください。

 

 

この様に、様々なセミナーや商社展示などの大きなイベントを毎年2~3日間行っています。本年度は2021/11/3-11/5までの3日間、横浜にて開催予定なのですが、

コロナウイルスの影響を受けて、会場とオンラインを併用するハイブリッド開催となっております。

例年は大勢の歯科医師が集まり、日々の診療に対する意見交換なども行っているのでその点で少しハイブリッド開催は残念ではありますが、

スタッフや患者さんへの感染拡大を防ぐという意味から仕方ないことなのかなとは理解しています。

来年度は通常通り活気ある大会になることを祈りながら、それまで私たちも感染対策を行いながら日々の診療を頑張っていこうと思います。

もし学会などで質問してみたいことなどあればいつでもお気軽にお問い合わせください。

日本矯正歯科学会 in 北海道 2017年

先月10月にスタッフ一同、日本矯正歯科学会に参加してきました。
今年は北海道大学が主幹校でしたので、札幌での開催でした。
スタッフ総出の関係で臨時休診を頂き、患者さんにはご不便を
お掛けしてしまいました。

全国の矯正歯科医や関係者おおよそ3000人が来場する日本で
一番大きな矯正歯科学会となります。

ひらの矯正歯科、開院より毎年、ドクター、スタッフ参加しています。

当院、開業して10年が経ち、その間にも矯正歯科治療の進歩や機材、材料の
進歩がありました。

ひらの矯正歯科は、矯正治療専門歯科医院ですので、
その責任を果たすべく常に最新の技術や情報にアンテナを張り
地域医療の貢献してまいります。
それにはドクターのみならず、スタッフも最新の知識習得や
技術、知識の向上が必要不可欠と考えております。
この取り組みは今後も継続していきます。

今年は11月に日本舌側矯正学会に参加してきます。

日本舌側矯正歯科学会とは、歯の裏側に矯正器具をつけて
矯正治療を行うことを専門とした学会です。

そして今回、当院院長がその場で舌側矯正に関する学会発表をしてきます。

これからも ひらの矯正歯科は常に学ぶ姿勢を大事に頑張って参ります。

よろしくお願い致します。

日本矯正歯科学会に参加してきました。

11月7日から8日までスタッフ一同、日本矯正歯科学会 徳島大会に参加してきました。
羽田から約1時間半かけての徳島でした。

私自身、徳島は初めての地でしたのでスタッフ共々、緊張して行ってきました。
あいにく8日は雨でしたがポスター発表など閲覧でき有意義な時間を過ごしてきました。

tokushimagakkai.jpg

今回もスキルアップ目的でドクター、スタッフ参加皆参加でした。

患者さんには臨時休診となってしまいご迷惑をお掛けいたしましたが
ここで得た知識をこれからの臨床に生かして生きたと思います。

日本矯正歯科学会に参加します。

11月8日(火) 日本矯正歯科学会にスタッフ総出で参加のため
臨時休診とさせて頂きます。

スタッフ一同、歯列矯正に関して最新の知識を取り入れてまいります。

ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。

ひらの矯正歯科 院長  平野 正芳