矯正歯科のお話:「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

親知らずは必ず抜歯なのか?

今回は、親知らずについてお話していきたいと思います。

 

親知らずとは、大臼歯の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯というのが正式名称です。親知らずは一番前の歯から数えて8番目にあり、永久歯の中で一番最後に生えてきます。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは個人差はありますが生える時期が10代後半から20代前半と遅いタイミングで生えてくるため、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だと言われています。

また、親知らずは上顎・下顎の左右2本ずつ、計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や、4本未満の人など個人差があります。

親知らずの生えてくる場所が不足している、あるいは萌出方向が通常と異なるために、埋伏していたり、傾いて生えているという事もよくあります。

 

 

ではこの親知らずに関して、生えてきたら抜歯をするという認識の人もいるかと思いますが、その必要性についてみていきたいと思います。

 

結果から申し上げて、上下の歯がしっかりと噛み合っているなど、親知らずが生えていることに問題がない場合、無理に抜歯する必要はありません。

ただアジア人の歯列の幅は比較的狭い傾向にありますので、親知らずが悪影響を及ぼす場合などには抜歯を勧める可能性はあります。

具体的にどの様なケースがあるか見ていきます。

 

・歯並びに悪影響がでるケース

 

歯列弓の幅に全ての歯が並ぶためのスペースが無い場合、どこかの歯が押されて歯列からはみ出してしまいます。

叢生(デコボコ、乱ぐい歯)という症状ですが、この場合には抜歯を必要とすることがあります。

 

・虫歯などのリスクが高いケース

 

親知らずが変な向きに生えていたり、完全に生えていない場合、ブラッシングの行き届きにくい部位が出来てしまいます。

特に矯正中はその矯正装置が邪魔になり、磨き残しが発生しやすいため、注意が必要です。

 

・上下の親知らずがきちんと噛みあわないケース

 

上でも書いた様に、親知らずが変な向きに生えていたり、片側だけ生えていないという状態だと、しっかりと上下の歯がかみ合わないことがあります。

歯茎に歯が当たって痛みが出るなどのデメリットも考えられますので、抜歯を検討する理由になります。

 

 

この様に、親知らずの抜歯を考える理由にも様々あります。

一般歯科の観点から抜歯という判断を下すケースでも、矯正医から見たら他の歯の状態が悪い場合、そちらを抜歯して親知らずを活かす治療を行うこともあります。

矯正治療を検討している人や興味のある方などは、一度診断だけでも聞きに来ていただくことをお勧めします。

総合的に判断して、抜歯するかどうかの参考にしていただけたらと思います。

切端咬合とは

今回は、切端咬合(せったんこうごう)という症状についてお話していきたいと思います。

 

あまり聞いたことがない言葉かもしれませんが、切端咬合とは噛んだ時に上下の前歯の切端(歯の先端部分)がぴったりと合わさっている状態のことを指しています。

漫画などでたまに見られる咬合ですが、現実にその様になっている場合はあまりいい咬合状態ではありません。ではなぜ切端咬合が良くないのかを説明していきます。

 

 

◆切端咬合のデメリット

 

・上下の歯の咬耗

 

切端咬合は上下の歯がちょうどぴったり合わさるような噛み合わせなので、上下の歯が擦れて削れてしまうことがあります。虫歯などの疾患がないのに前歯が痛むことがあれば、もしかしたら切端咬合が原因かもしれません。

また、エナメル質が削れてしまった歯は虫歯になるリスクも上昇してしまいます。

 

・咀嚼機能の低下

 

上下の咬み合わせがズレていることから、奥歯で物をしっかり噛めないケースもあります。また、前歯で食べ物を噛み切る際にも過度な力が掛からない様にセーブする癖がつき、しっかりと噛み切れないという事も起こりえます。

 

・顎関節への負担

 

切端咬合などの不正咬合は、正しい歯並びでないために顎に負担がかかりやすくなります。歯並び自体がきれいな場合は、矯正治療などを検討する方が少なくなってしまいますので、知らず知らずのうちに顎関節への負担を積み重ねているという人もおられるかと思います。

 

・顔貌への影響

 

切端咬合で歯が咬耗してくると痛みや違和感から前歯を使わず、奥歯だけで物を食べようとしてしまうことがあります。

片顎ばかりで物を食べていると顔貌の左右のバランスが崩れて顔貌が鵜変わってしまうこともあります。

 

 

では切端咬合の治療法としてはどの様なものがあるのでしょうか。

軽度な症状であれば矯正治療で比較的早く改善が見込めるかと思います。ただ、下顎前突(しゃくれ、受け口)などの症状を併発している場合は、その根本原因も改善していく必要があるため、少し治療の期間としては長くなる可能性もあります。

いずれにしても矯正治療を専門に行っている歯科医院でのしっかりとした検査・診断を行ってみないと原因はわかりませんので、切端咬合になっているという方はお早めに相談にお越しいただけたらと思います。

しっかりと説明し、納得いただいた上で治療をスタートするようにしておりますので、ご安心ください。

矯正装置の洗浄方法

今回は、矯正装置の洗浄方法についてお話していきたいと思います。

 

矯正治療を始められたすぐは患者さんの意識も高く、

ブラッシングについての指導もしっかりと守っていただいている方がほとんどなのですが、時間が経つにつれて少しずつブラッシングの精度も落ちていく傾向にあります。

 

そこで、今回のテーマが丁寧なブラッシングと口腔ケアの重要性について再認識頂けることになれば幸いです。

 

 

■ブラケット矯正装置

 

基本的にブラケットは取り外しが出来ないため、歯ブラシやタフトなどで磨いていただくことになります。

ヘッドの小さい歯ブラシでいつもより細かく磨いていただき、さらに磨きにくいところはタフトやフロスを使用していただくのも有効です。また、フッ素ジェルや薬用マウスウォッシュなどを使用していただくのも虫歯予防には効果的だと思います。

 

■リテーナー装置

 

矯正治療で動的矯正治療の期間が終了し、ブラケットを撤去した後に後戻りを防ぐために装着して頂く装置です。

リテーナーにはフィックス(固定式)と取り外し式に大きく分けられます。

また、取り外し式のリテーナーの中でも大きく2タイプに分けられます。ホーレータイプ・ベッグタイプというものとクリアリテーナー(マウスピース)タイプがあります。

 

まず固定式のリテーナーは、上に書いたブラケット矯正装置の様に歯の裏側に固定されているため、しっかりとブラッシングなどのメンテナンスをしていただく必要があります。

次にホーレータイプ・ベッグタイプといったリテーナーは歯の表面をワイヤーが通り、それをレジンなどで固定している装置です。

専用の洗浄剤(入れ歯用洗浄剤も含む)を使用していただいたり、柔らかい歯ブラシで優しく磨くなどの洗浄をお願いしています。

あまり強くこすってしまうとリテーナーに傷がつき、雑菌が繁殖しやすくなってしまいますのでご注意ください。

クリアリテーナータイプは、マウスピースの形状をしており、透明で審美性が良いのが特徴です。ただ歯を覆っている形状なのでその分しっかりと洗浄していただく必要があります。ホーレータイプやベッグタイプの洗い方と同じですが、専用の洗浄剤を定期的に使用していただくことをお勧めします。

これは、マウスピース型矯正装置についても同じ事が言えるかと思います。

 

 

矯正治療ではいつも以上にブラッシングや装置の洗浄に注意していただく必要があります。私たちも、患者さんの来院時にはしっかりとメンテナンスが出来ているか確認しますが、ご自宅での管理は患者さんにお任せするしかありません。

面倒くさいと思う時もあるかと思いますが、グッと自分を奮い立たせて、一緒に満足のいく矯正治療に出来るよう頑張っていきましょう。

歯ごたえの重要性

今回は、歯ごたえの重要性という点についてお話していきたいと思います。

 

皆さんは歯ごたえのある食べ物と聞いたら、何を思い浮かべるでしょうか?

本当に硬い食べ物として、スルメイカやおせんべいなどを思い浮かべたり、

麺好きの方は讃岐うどんやバリカタのラーメンを思い浮かべる人もいるのではないかと思います。

 

実はこの歯ごたえというのは、おいしさを感じる大事な要素になっていて、

一昔前の宇宙食はパックに入れた流動食の様なものだったのですが、

近年では固形のものに変わってきました。

もちろん技術の進歩という事もあるとは思いますが、

長期間宇宙に滞在する宇宙飛行士の方も味気ないご飯だけでは辛くなってしまうのではないかと思います。

 

話を戻しますが、歯ごたえがおいしさを感じる要素となるために、

まず歯ごたえの感じ方を説明します。

 

まず食べ物を口の中に入れて噛むという行為を行います。

その時に、歯に掛かる力を歯茎の中に埋まっている歯根という部分と、歯茎の圧力を感じ取る感覚器官でどの程度の圧力が現在掛かっているのかという事を脳が理解します。

 

そして、噛むという行為を行った時に、顎の筋肉がその動きに応じて感覚器官が働きます。筋肉のセンサーは非常に敏感で、掛かる力と必要な力を正確に再現しているのです。

 

これら2つの歯に掛かる圧力と、咀嚼時の顎の筋肉に掛かる力が合わさって初めて歯ごたえという感覚が生まれます。

 

入れ歯になってしまった方が食べる楽しみが少なくなったという話を聞いたことがあるのではないかと思います。

しかし、入れ歯でもこれまでと同じものを食べた際の味は変わらないはずなのに、

食べる楽しみが減るという事はどういうことなのか疑問を持ったことがある人もいるのではないでしょうか。

 

もうお分かりかと思いますが、上で書いた「噛む」という行為の歯根と歯茎に掛かる力を感じる感覚器官が入れ歯になってしまうと働かなくなるため、

歯ごたえがとても感じにくくなります。今までと同じような感覚で食べ物を食べているつもりでも、満足感が得られにくいという原因の大きな要素になっています。

 

日本でも8020運動(80歳まで自分の歯を20本残そうという運動)も以前から行っており、自分の歯を残すための活動を推奨しています。

日ごろのメンテナンスの重要性を再認識し、メンテナンスをしっかりと行いやすくするための矯正治療を検討する方も少し増えてきたように感じます。

食事を美味しく取れるという幸福感を少しでも長く味わうため、

ご自身のメンテナンス方法を少し振り返って採点してみるのもいいのではないでしょうか。もしメンテナンスのやり方がわからない方などはいつでもお気軽にお問い合わせください。

口内炎に効果のある食べ物とは

今回は、口内炎に効果のある食べ物についてご紹介していきたいと思います。

 

矯正装置が付いてしばらくして、口の中が痛いという経験をした人もいるのではないかと思います。慣れないうちは矯正装置が頬の内側に擦れてしまって、口内炎が出来るという事があります。最近では口内炎の塗り薬なども市販されているので、そういったものを使うのももちろん有効ですが、根本的な食事で改善できるのであればそれに越したことは無いと思います。

 

では具体的に何を食べればいいのでしょうか。

一般的に口内炎に効果のある栄養素として、ビタミンB1,B2,B6だと言われています。

 

・ビタミンB1

 

ビタミンB1はチアミンとも呼ばれる水溶性のビタミンで、解糖系やクエン酸回路のエネルギー代謝の一部で補酵素として働きます。特に糖質を代謝するために欠かせない栄養素です。そのため、糖質やアルコールをたくさん摂取している人や運動量が多い人はビタミンB1が不足しがちな傾向があります。

ビタミンB1を多く含む食材としては、豚肉や赤身肉、全粒穀物、大豆、ほうれん草などがあげられます。水溶性のビタミンのため、水に溶け出してしまわないように注意が必要です。

 

・ビタミンB2

 

ビタミンB2は水溶性のビタミンで、糖質、脂質、タンパク質の代謝、エネルギー産生に関わる酸化還元酵素の補酵素として働きます。ビタミンB2は主に脂質の代謝を助け、皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生に役立ちます。そのためビタミンB2は、口内炎が出来た粘膜の再生に最も有効な栄養素とも言えます。

ビタミンB2を多く含む食材としては、レバー、ウナギ、卵、納豆などが挙げられます。こちらも水溶性のビタミンのため、水に溶け出してしまわないように注意が必要です。

 

・ビタミンB6

 

ビタミンB6はエネルギー代謝の補酵素として重要なビタミンです。特にタンパク質の分解を助けるため、摂取量が多い人ほどビタミンB6の必要量も多くなります。また、免疫機能の正常な働きの維持、皮膚の抵抗力の増進にも必要で、赤血球のヘモグロビンの合成にも欠かせない栄養素です。

ビタミンB6を多く含む食材としては、赤身肉、鶏肉、マグロ、バナナなどが挙げられます。

 

 

特に矯正装置を付けたことによる口内炎に関してはビタミンB2の細胞の再生効果が有効かと思いますが、もちろん体にとってこれ以外の栄養素も必要ですし、バランスよく摂取するのが一番です。

 

また、矯正装置が付いたころには、ついつい柔らかいものなど食べやすい食材を偏って摂取してしまうことがあります。硬い食材は細かく切って食べるなど、普段よりも食事のバランスに気を配っていただくことが大切ではないかと思います。