矯正歯科のお話:「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

タバコの喫煙とお口(歯周組織)の関係

今回は、タバコの喫煙とお口の関係についてお話していきたいと思います。

 

最近では飲食店などでも分煙が進み、喫煙者は少し肩身が狭い思いをしているのではないでしょうか。

タバコを吸う人だけではなく、副流煙による周囲の人への受動喫煙の影響など、健康被害について関心度が高くなってきたことが原因と思われますが、

このタバコが身体に作用する点について歯科の観点から見ていきましょう。

 

食べ物を食べる、飲み物を飲むなど体内に物質を取り込む際、当たり前ですが口腔が一番初めに通過する器官となります。

タバコももちろんその流れに該当し、口腔は直接的・間接的なタバコの影響を初めに受けます。口腔内では口腔粘膜といわれる組織が広がっており、

この組織は特に物質の透過性が高いため粘膜上皮の下にある血管にすぐ吸収されてしまいます。

吸収されたニコチンは血管を収縮させ、血流量が少なくなることによって血管内のヘモグロビン量の減少・酸素飽和度の低下をもたらします。

この状態になると、歯周組織に炎症などがあった場合でも歯肉出血が少なくなり、歯周病などの早期発見の機会を逃してしまいます。

 

また、血管内に入ったニコチンは、体を守ってくれる好中球のウイルスなどを食べてくれる能力や化学走化性を低下させ、

マクロファージによる抗原提示機能も抑制されてしまいます。また、粘膜面での局所免疫に関与する免疫グロブリンA(IgA)、細菌やウイルス、

薬物に対して生体反応を示す免疫グロブリンG(IgG)の低下をもたらします。難しく書きましたが、要は体の免疫機能の反応や働きを鈍くする作用を及ぼしてしまうということです。

 

ここまでは能動喫煙の主な作用を書きましたが、ここから受動喫煙について少し触れてみます。一般的に、小児・胎児に対する受動喫煙は、深刻な影響を及ぼす可能性があります。

気管支喘息などの呼吸器疾患、中耳疾患、胎児の発育異常、乳幼児突然死症候群、小児の発育・発達と行動への影響、小児がん、

さらには、注意欠陥多動性障害(ADHD)などを引き起こす可能性が出てきます。

また、受動喫煙により、小児のう蝕(虫歯)や歯肉のメラニン色素沈着のリスクが高くなることが報告されています。

 

 

タバコはわかっていてもなかなか止められないという人もたくさんいるかと思います。

ご自身への影響はもちろんですが、ご家族(特にお子さんやお孫さん)への影響の大きさについて少しでも理解が深まり、大切な命を守っていくための禁煙が進んでくれたらなと思います。

もちろん禁煙は、ご自身の歯や体の健康を守ることにも繋がりますので、医科だけではなく歯科からも積極的におすすめしていきたいと思います。

噛み合わせと医療費の関係

今回は、歯の噛み合わせと医療費の関係性というテーマでお話していきたいと思います。

 

今年の7月に、歯磨き粉やマウスウォッシュなどで有名なSUNSTARが、噛み合わせと医療費に関する論文を発表しました。

20歳から74歳までの労働者25万人の定期健康診断と医療機関の診療情報に関するデータをまとめたものなのですが、

ここまで膨大なデータ量の研究結果は珍しいため、比率などに関しても信頼がおけるデータなのではないかと思います。

では早速内容について見ていきたいと思います。

 

今回の研究比較データとしては、以下のテーマが中心になっています。

 

  • 歯の本数と医科医療費の関係
  • 歯の咬合と医科医療費の関係
  • 歯の本数・咬合と医科医療費の関係

 

ではこちらの結果を一つずつ見ていきます。

 

1、歯の本数と医科医療費の関係

 

研究内容:20~39歳、40~49歳、50~59歳、60~74歳までの4つの年齢帯に男女別に分類し、

歯の本数が28本、24~27本、20~23本、19本以下の人それぞれにかかる医科医療費を比較しています。

 

結果:男性の20~39歳までの年齢帯では有意差がなく、

それ以外全ての年齢帯では歯が1本以上抜けている人は28本すべて揃っている人と比較して医科医療費が高くなる傾向にあるという結果が出ていました。

 

 

2、歯の咬合と医療費の関係

 

研究内容:先程と同じく男女別に年齢帯で分類を行い、

アイヒナー分類(A分類:左・右の小臼歯部と大臼歯部の4領域全てで上下の歯がかみ合う良好な状態、A1:欠損歯なし、A2:上の歯か下の歯のどちらかで欠損歯あり、A3:上下とも欠損歯あり、B分類:上下の歯でかみ合う領域が3領域以下、C分類:上下の歯でかみ合う領域がない)という分類方法別に掛かる医科医療費を比較しています。

 

結果:こちらも20~39歳男性で有意差はなく、それ以外の男女の年齢帯では歯の咬合状態が良好な程、

医科医療費が低くなるという結果が出ていました。

 

 

3、歯の本数・咬合と医療費の関係

 

研究内容:男女毎に歯の本数が24~28本、20~23本、19本以下に分類し、

歯の本数が同程度の人の中で咬合状態別に掛かる医科医療費を比較しています。

 

結果:歯の本数が19本以下の女性では有意差は見られなかったのですが、それ以外の分類では歯の本数が同程度の場合、

咬合状態が良いほど医科医療費が掛かりにくいという結果が出ていました。

 

 

歯の本数が少なくなったり、噛み合わせが悪いと医科医療費が多くなるというのは経験上理解していましたが、

歯の本数毎に噛み合わせと医科医療費を算出したというのは非常に面白い研究結果になったなと感じました。

これは歯をたくさん残すのはもちろん大事なことですが、たとえ歯が抜けてしまっている人でも噛み合わせがしっかりしていることが大事ということを意味しています。

若いころに早めの矯正治療も効果的ですが、年齢が上がってからも将来のために矯正治療を行うことは有意義なことではないでしょうか。

もし内容などで不明な点があればいつでもお問い合わせください。

歯周病と肝臓の関係について

今回は、歯周病と肝臓の関係というテーマでお話していきたいと思います。

 

歯と肝臓と聞いて、関係があるとはなかなか思えないのではないかと思います。

また、肝臓の疾患として、アルコールの摂取が多い方など特定の方以外あまり健康診断などでも気にされていない方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、近年の研究で歯周病と非アルコール性脂肪性肝炎の関係に注目されるようになってきました。

 

ではまず、非アルコール性脂肪性肝炎とはどのようなものかを説明していきます。

「脂肪肝」という言葉は多くの方が聞いたことのある言葉かと思いますが、

その脂肪肝は原因によって分類されています。

ひとつはお酒の飲み過ぎによる脂肪肝で、アルコール性脂肪肝と呼ばれており、

これに対してお酒をあまり飲まないのに発症する脂肪肝を非アルコール性脂肪肝(NAFL)といいます。

この非アルコール性脂肪肝を放置すると、少しずつ肝臓の中の環境が悪くなり、肝細胞が風船のように腫れて弱ってしまい、弱った細胞が壊れてしまうことがあります。

その壊れてしまった肝細胞を片付けるために肝臓で白血球が集まり、その結果炎症として、「肝炎」が起きてしまいます。

それが長時間続けば、肝臓は炎症による破壊とその後の修復を繰り返すことによって、肝臓が硬くなる、線維化という現象が起きます。

これが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)というものです。

 

次に、歯周病がどの様に非アルコール性脂肪性肝炎と関係するかを説明していきます。

健康な歯と歯肉の境目には歯肉溝という浅い溝がありますが、歯周病になると歯周組織が壊されて、歯肉溝は歯周ポケットと呼ばれる深い溝になります。

歯周ポケット内には歯垢や歯石が蓄積し、細菌が繁殖しやすい環境になっています。

歯周ポケット上皮は、歯垢の中の細菌によって潰瘍が形成されやすくなっており、

この潰瘍を通って、歯垢の中の細菌,細菌の産生する酵素や毒素が結合組織に侵入してきます。その結果、これらの物質が血管内に侵入し、血流に乗って肝臓に運ばれ、

炎症や線維化に悪影響を及ぼしてしまうという仕組みです。

 

2025年には、世界の人口の20%が肥満になると言われているほど、近年は飽食の時代です。健康診断でもメタボリックシンドロームの診断項目が追加されるなど、内臓脂肪に関しては少しずつ注目度が高くなって来ています。ただ残念ながら歯周病に関しては、日本でまだそこまで危険性について認知されていないのではないかと思います。

上で説明した様に、人間の体の不調は複数の原因が絡み合って起こっている可能性が高く、一概にこれが大丈夫だからすべて平気というわけにはいきません。

毎年の健康診断にプラスして、歯科検診もぜひ受けていただくことを推奨いたします。

そこで歯並びや嚙み合わせに関して悩んでいることがある方などは、いつでもお気軽にご相談ください。

顎変形症の治療について

変形症という言葉をご存知でしょうか?漢字の通りではありますが、

あごに歪みがある症状のことです。

ただ、一言で顎変形症といっても、その症状は様々あります。

上顎、あるいは下顎が上下方向、左右方向、前後方向に変形してしまっている状態で、

様々な障害が生じてしまいます。

 

ものがしっかりと噛めないというだけでなく、発音の問題、そして顎の関節に痛みが生じてくるといった問題もあります。もちろん見た目的にも問題があります。

 

では具体的にどういったタイプがあるかを見てみましょう。

 

・出っ歯(上顎前突)

上顎の前歯が単に外側に倒れているものではなく、上あごが前方向に出ている状態です。出っ歯にも種類があるため、奥歯を含めた噛み合わせの位置を確認することで分かってきます。

 

・受け口(下顎前突)

上顎前突とは逆で、下あごが前方向にずれている状態です。見た目にも大きく影響します。

 

・オープンバイト(開口)、ディープバイト(過蓋咬合)

上下の歯が当たらないオープンバイトと、逆に深く噛みこみ過ぎてしまうディープバイトという症状もあります。

オープンバイトは食べ物を噛み切ることが難しく、また口の中が乾燥しやすいことによる虫歯リスクがあります。

 

・横方向のずれ

上記のようによく聞く症状だけでなく、水平方向にずれているという場合もあります。

目と目の中心から鼻の先端を通り口から顎の先端の中心まで定規を充てるとすぐに分かります。左右方向にずれている場合は、食べ物を噛む際にどちらかの噛みやすい方で噛む癖があったりします。

 

 

こういった顎変形症の問題は、実は放っておくことで悪化するリスクがあるということです。横方向のずれのところにも書きましたが、大体変な噛み癖が付きます。

また歯と歯が噛み合う際の力が分散しないことで、一か所に集中し、その不正咬合の状態が更に悪い方向へとつながってしまいます。

 

 

顎変形症の治療においては、年齢や症状によってアプローチが変わってくるため、正確に検査と診断することが大切です。

状況により外科手術が必要なのか判断が必要となります。

 

お子さんの顎変形症の場合は、多くの弊害につながってしまうだけでなく、コンプレックスにつながってしまうこともありますので、しっかりと原因を特定し、治療負担を極力減らす方向で一緒に考えて改善していければと思っています。

 

 

歯科医院の表彰状について

今回は、どの歯科医院でもよく見かけるのではないかと思われる表彰状について少しお話していきたいと思います。

 

待合室やカウンセリングルームなどで、額縁に入っている表彰状を見たことがあるという人は多いのではないかと思います。

ただ、それがどういったものなのかという事まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

 

歯科医院で掲げている表彰状は大きく2つに分けられます。

 

1つ目は歯科医師免許や各専門学会(矯正歯科医であれば日本矯正歯科学会など)の認定証です。

歯科医師免許などは特に掲示の義務があるわけではないのですが、患者さんに対して私は○○大学できちんと歯科医師免許を取得し、専門学会に参加して日々新しい専門知識や技術を習得するよう努力していますという安心材料の一つとして見ていただけたらと掲示しているものです。

 

もう1つが、セミナーや勉強会に参加した時に貰える参加の証明書です。

これは材料メーカーが主催となって行っているセミナーや、著名な先生が講演を行っている勉強会など多種多様なものがあります。正直なところ、専門以外の分野の勉強会などに関しては歯科医師もよく知らないものなどもたくさんあります。

セミナーも数時間受講するだけのものから数日~数か月がかりで定期的に勉強会を開催するものなどいろいろありますので、1枚の表彰状の価値は等しいとは言いにくいかもしれませんが、同じ様なジャンルのセミナーや勉強会の表彰状がたくさんあるという事はそれだけアンテナを張って勉強をしているという事に繋がるのではないかと思います。

 

 

いろいろと書いてきましたが、○○大学出身だから治療が上手いとか、この学会に参加しているから安心という事はありませんし、このセミナーや勉強会に参加していないからダメなどという事はもちろんありません。

私たちも、日々矯正治療に関わるセミナーや勉強会は可能な限り参加していますし、専門学会で治療の知識なども習得できるよう努力しています。

貰った表彰状を全て飾っていると院内が表彰状だらけになってしまいますので、いくつかに限定して飾っていますが、何か気になるものなどあったらいつでも質問してみてください。また、特に矯正治療においては歯科医師・スタッフと患者さんのフィーリングなども大事だと思いますので、実際に皆さんの目で見て判断していただくことをお勧めしています。