マスク生活から笑顔と発音について考える:「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

マスク生活から笑顔と発音について考える

最近ではwithコロナの生活にも慣れてきて、マスクをする生活が当たり前になってきています。

日本人はとても器用なため、マスクをしたままでも目元の動きなどでその人の感情などがある程度読み取れるという話を聞いたことがあります。
目は口程に物を言うといいますが、そうはいってもやはりマスクをしたままだとすべての感情・表情を読み取るのは難しく、外した時に思っていた印象と違うなと思うケースも多々あるのではないかと思います。

これに対しアメリカなどでは、発音の際に口元を大きく開けて発音し、笑う時にも歯を見せてスマイルを作るというのが当たり前の文化と言われており、口元の印象をとても大事にしています。

また、日本人があまり歯並びや口元の綺麗さにこだわっていないと言われるエピソードで印象に残っているものがあります。
2002年に共催となった日韓ワールドカップの際、韓国のソウルで地元の人が韓国人と日本人を見分ける基準として「悪い歯並びと濃いメイク」で判断していたという声もあったそうです。
遠いアメリカと美意識の違いがあるというのはまだ納得ができるのですが、アジアのお隣である韓国ともそれほど意識の違いがあるのだと少し考えさせられるようなお話でした。

とはいえ、それは昔のお話なので最近は以前よりも歯並びを気にする人が増えてきているように感じます。
マスクをしているうちに矯正治療を受けたいというケースが増えているのはもちろん、マスクをつけているときやWEB会議などで滑舌や発音が悪く相手に聞き取ってもらいにくいため治療を受けたいといった見た目以外に関する相談も増えてきました。

不正咬合が原因で、上下の歯の噛み合わせが悪く隙間ができてしまうと、「サ行」の発音がしづらくなる場合があります。
サ行は「歯擦音」といい、上下の歯を擦り合わせ、その隙間に息を通すことによって発音するため、上下の歯が噛み合わない状態では正確に発音することが難しくなります。

また、日本語よりも英語の方が発音の区分けが細かいため、正確に発音ができないと言葉の意味も変わってくるので、伝えたいこともうまく伝わらないという場合も考えられます。
不正咬合によって歯の隙間から空気が漏れてしまうと、特に英語の「s」と「th」の場合、前歯の間に舌を入れて発音する「th」も、ネイティブの方には正しく「th」の発音に聞こえないことがあります。

コロナ禍で人とのコミュニケーションの取り方が徐々に変わってきました。
おそらくマスク生活がなくなっても、ウェブ会議などは当たり前に続くと思います。
笑顔や美容的側面から治療をするのはもちろん大切ですが、発音や機能的な側面からも矯正治療について考えて頂ければと思います。

関連する記事