横浜市の矯正・矯正歯科なら「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

ビーバー歯とは

今回は、ビーバー歯という症状についてお話していきたいと思います。

 

ビーバー歯とは医学用語ではなく、前歯部の歯が大きくビーバーのように見えるということから名付けられている言葉です。

歯が大きくてその様に見えているのは必ずしも不正咬合というわけではないのですが、前歯部という見えやすい部位のため相談に来られる方もいらっしゃいます。

 

まず初めに、ビーバー歯の原因についてみていきたいと思います。

 

・前歯が大きい

 

前歯(一番前の2本の歯)が他の歯と比べて大きいため、そのように見えていることがあります。

治療の方法としては歯の形態修正を行う必要があり、IPR(ストリッピング)という歯を少し削ることによって大きさを調整することができます。

IPRを行った後には削った分だけの隙間ができてしまうので、その隙間を矯正治療によって閉じていきます。

 

・前歯以外が歯列の奥にある

 

前歯が特別に大きいわけではないのですが、前歯部以外が歯列の奥に引っ込んでいる状態です。

この場合は前方にある前歯が相対的に大きく見えているだけなので、矯正治療によって歯並びを整えると改善するケースが多いです。

 

 

では次に、ビーバー歯におけるマイナス面について説明していきます。

 

・顔貌のコンプレックス

 

ビーバーやリス、ウサギといった可愛い小動物を連想させるため、可愛いと捉えられることもありますが、人によってはコンプレックスに感じていることもあります。

笑顔に自信が持てないと人前に出ることが嫌になってしまうこともあるので、メンタル面での改善の必要がある方もおられます。

 

・むし歯などのリスク

 

前歯部以外が奥に引っ込んでいる症状の場合、歯が重なって歯ブラシが届きにくい部分ができている可能性があります。

適切なブラッシングができないと、虫歯や歯周病のリスクが高くなるので注意が必要です。また、お子さんの場合は永久歯が生え揃うスペースが足りないと将来的に不正咬合になってしまう可能性もありますので、よく観察するようにしてください。

 

・口呼吸の可能性

 

状態にもよりますが、口をしっかりと閉じることができずに、口呼吸になっている、あるいは口腔内が乾燥してしまっているケースもあります。

口腔内が乾燥すると、虫歯リスクが高まったり、免疫への影響など様々な弊害につながってしまいます。

 

 

ビーバー歯について説明してきましたが、おおよそどの様なものかについてご理解いただけたのではないでしょうか。

日本では八重歯なども含めてチャームポイントと捉えられる風潮がありますが、不正咬合がある場合はリスクもあるため治療の検討をしていただくことをお勧めしています。こ

 

の他にも、一人一人気になるポイントは異なると思いますので、どの様な点を改善したいのかということは事前にしっかりとお伝えいただけたらと思います。

極力ご希望に沿った治療ができるように努力いたします。

銀歯があると矯正治療は出来ないの?

今回は、銀歯があると矯正治療は出来ないのかというテーマについてお話していきたいと思います。

 

過去虫歯治療で銀色の詰め物(金銀パラジウム合金)=いわゆる“銀歯”を入れたという方は少なくないかと思います。

最近では保険適応内の治療でも銀の詰め物以外使用することができるようになってきましたが、部位や強度などの問題からまだまだ銀色の詰め物での治療も多くあります。

 

ではここで、過去に銀歯での治療を受けた方は矯正治療ができないのかということについてお答えします。

まず結論から言うと、銀歯などの詰め物をしていても矯正治療を行うことは可能です。

ただ、詰め物をしていない天然の歯と比べると難易度は高くなります。

 

では何故詰め物で難易度が変わってくるのでしょうか?

 

矯正治療では、矯正装置(ブラケット)を歯に接着して、その装置にワイヤーを縛り付けて治療を行っていきます。

接着剤は目に見えない歯の表面にある隙間や凹凸に引っかかるようにして矯正装置をくっつけているため、金属のように表面が滑らかなものにはなかなかくっつきません。

そのため方法として、詰め物の表面をざらざらになるように処理を行い、一時的に接着強度を高める方法や、詰め物を外してテンポラリークラウン(TEC)というプラスチックの借歯を装着し、治療後に詰め物を再作成するなどの方法がとられています。

いずれにしても天然歯よりは少し治療の手順が増えるということはご理解いただけたらと思います。

 

最近ではマウスピース型矯正装置を使用する矯正治療も多くなってきており、それであればブラケットを歯に接着しないので、詰め物があっても治療が簡単ですといった意見も耳にします。

これはある意味正解でもあり、不正解でもあると思います。

マウスピース型矯正装置を使用する場合でも、歯にアタッチメントというマウスピースを引っかけるような突起を付ける必要があるのですが、これも同じく接着剤を使用して作成するため、詰め物などに対しては接着力が極端に弱くなります。

アタッチメントの場所を変更できたらいいのですが、症例によってはそれが難しい場合、ブラケットを取り付ける矯正治療と同じような処置を行う必要が出てきます。

 

 

この様に、症例によって差はありますが、いずれにしても詰め物があってもほとんどの方は矯正治療を行っていただくことは可能です。

まずは矯正治療を専門として治療している歯科医院でどのような治療が一番適しているのかということをしっかりと診査・診断してもらい、治療を検討されるのがいいのではないでしょうか。

薬機法とは

あまり聞き馴染みのない方も居られるかと思いますが、今回は薬機法というテーマでお話していきたいと思います。

 

薬機法とは、「医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。」と定められている法律です。

 

簡単に説明すると、医薬品や医療機器等、人体に影響が出るものについて、重篤な悪影響が出ないように消費者を守るためのルールです。

 

規制の対象となるものは、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品となっており、矯正治療で使用する装置もこの中に含まれています。

 

そしてこの薬機法に基づき、企業から医薬品や医療機器の製造販売の承認申請を受け、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)が有効性や安全性を審査し、薬事・食品衛生審議会の答申を経て、厚生労働大臣が承認することを薬事承認と言います。

 

薬事承認が通っている医薬品や医療機器は国が安全性を認めた製品のため、適正使用時に重篤な副作用などが起こった場合、医薬品副作用被害救済制度という補償を受けることも可能です。

 

私たちも普段の矯正治療時にはしっかりと薬事承認が通っている製品かを確認した上で使用し、その使用上の注意などもきちんと守るように心がけています。ただ一部、マウスピース型矯正装置のように海外技工物と言って薬事承認が通っていない製品もあります。(*マウスピース型矯正装置のソフトウェアとマウスピースの素材は薬事承認が通っています。)

この様な製品を使用する際には、患者さんにしっかりと説明を行い、歯科医師の判断のもとで使用する必要があるため、より注意を払うようにしています。

 

普段何気なく使用している身の回りの化粧品などにもこの薬機法という法律が適応されているものも数多くあります。安心・安全に商品を使用するためにも使用上の注意や用法・用量はしっかりと守るように心がけましょう。私たちも治療中の注意点などはしっかりとお伝えするようにしていますので、聞き流さずに心に留めておいていただくようお願いいたします。

マウスピース型矯正装置と歯ぎしり

今回は、マウスピース型矯正装置と歯ぎしりというテーマでお話していきたいと思います。

 

マウスピース型矯正装置も少しずつ認知度が上がってきており、この装置を希望するという患者さんもおられます。症状などによって使用をお勧めしない場合もありますが、可能な限り患者さんの要望にはお応えできるよう日々治療計画の立案等を行っております。

 

そのような中で、たまに相談を受ける内容として、歯ぎしりをよくしているのですが、マウスピース型矯正装置での治療は出来ますかというのがあります。

 

ではまず、歯ぎしりについて説明していきます。歯ぎしりと聞くとどの様な現象かはお分かりいただけるかと思いますが、歯をギリギリと擦り合わせたり、カチカチとぶつけ合ったりする行為です。寝ている時などの無意識化で起こることが多いので、自分では気付きにくく、他人から指摘されて初めて歯ぎしりをしていると認識する方がほとんどではないかと思います。

 

歯ぎしりの原因はストレスや噛み合わせに起因すると言われていますが、複数の要因が重なっていることもあるので、明確に原因追及をするのはとても難しいと言われています。

歯ぎしりを放置してしまうと、頭痛・肩こりや歯の破折、顎関節症など重篤な悪影響を及ぼしてしまうことが考えられるため、早めに改善を行うことをお勧めしています。

 

では今回のテーマでもある、マウスピース型矯正装置を使用する時に歯ぎしりがあっても問題ないのかということについて説明していきます。

 

マウスピース型矯正装置は透明なプラスチックのようなシートを、患者さんの歯並びに合わせて少しずつ動かせるように形を変えて何枚も整形しています。歯全体をシートで覆ってしまうという特性上、力を入れるときにぐっと嚙み締めるぐらいであれば大きな問題はないのですが、歯ぎしりが継続的に強く出ているという方がこの装置を使用すると、装置が破損してしまうリスクが考えられます。破損した装置を使用しても思った様に治療が進まない可能性が高くなりますし、口腔内をケガしてしまうリスクも考えられます。そのため、はっきりと歯ぎしりがあるとわかっている方には歯にブラケットとワイヤーを装着するタイプの矯正装置をお勧めすることもあります。

 

今回は歯ぎしりということに注目しましたが、もしご自身で気付いている癖などがある場合は事前にお伝えいただくよう、お願いしております。治療の制度や安全面などもしっかり考慮しながら、患者さんにとってより良い治療がご提案できるように努力いたします。

矯正治療中の歯のクリーニングについて

今回は、矯正治療中に来院したいただいた際に行う、クリーニングについてお話していきたいと思います。

 

矯正治療は取り外しが出来るものと出来ないものがあります。

患者さんの希望と不正咬合の状態などを鑑みて、使用する装置を決定していくのですが、その際に取り外しが出来ない装置を使用する時にどうしても装置の周りに食べかすなどが残りやすくなります。

そのため、食べかすなどの汚れを除去するために定期的にクリーニングを行うことがとても大切になります。

 

では、クリーニングを行わないとどうなるのでしょうか?

 

・虫歯や歯周病のリスク

 

矯正装置の隙間など、歯ブラシが届きにくいところに食べかすなどが蓄積されてくると、虫歯や歯周病を引き起こす細菌が繁殖しやすくなります。

また、矯正治療を始めたての頃は意識してしっかりと隙間を磨いている人でも、慣れてくると少しずつ億劫に感じて手を抜き始めてしまう人がいます。

虫歯や歯周病が発症してしまうと、そちらの治療を優先するために矯正装置を外す必要があります。

そうなると治療期間が想定より長くなってしまったり、治療自体を見直す必要が出てくることもあるので要注意です。

 

・色素沈着のリスク

 

これは取り外しが出来る装置・出来ない装置ともに考えられることなのですが、コーヒーやワインなどを好んで飲む方は着色汚れを除去するためにもしっかりとブラッシングを行う必要があります。歯ブラシが届きにくいところなどに着色汚れが蓄積してしまうこともありますので、クリーニングで定期的に除去しておくのがお勧めです。

 

 

この様に、矯正治療をスムーズに進めるためにもクリーニングはとても大切だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

普段から歯磨きの時間をしっかり取れていないな、コーヒーやワイン・カレーなどの着色しやすい飲食物をよく摂取しているなという方は特にクリーニングにはしっかりと通っていただくことをお勧めしています。

クリーニングや普段のブラッシングのことで、この他にも聞いてみたいことや分からないことがある場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

しっかりと納得してクリーニングやブラッシングをしていただけるようにお手伝いいたします。