海外と比較した矯正治療意識度調査:「ひらの矯正歯科」ブログ

045-366-0044

診療時間 / 10:00~12:00・14:00~19:00
休診日 / 月曜・木曜・日曜(第2・第4)・祝日

海外と比較した矯正治療意識度調査

前回は海外から見た日本人の歯並びに関してのデータをご紹介しましたが、
今回は海外と比較した矯正治療に対する意識度調査をご紹介します。

この調査はニューヨーク、上海、東京で行われた調査で、
歯並びが悪い方を対象に歯科矯正治療を受けたいか?
という質問に対する意識調査です。

◆海外と比較した矯正治療意識度調査

・ニューヨーク:79.3%
・上海:85.3%
・東京:54.2%

この調査はニューヨークと上海との比較ですが、
約8割の海外の方が矯正治療をしたいという回答に対して
日本人は半分ほどしかいなかったということがわかります。

ちなみに矯正治療経験でいうと、
ニューヨークでは約半数の人が矯正治療経験ありと答えたのに対して、
日本はわずか21.3%しかいなかったというデータもありました。

日本人は欧米人と比べて顎が比較的小さく、
どうしても叢生(デコボコ)になってしまったり、
顎のサイズの問題から下顎前突(受け口)、上顎前突(出っ歯)
といった症例が多いといわれています。

よく矯正治療と受けるのに躊躇してしまう理由として、
矯正装置が恥ずかしいという回答を目にします。
アメリカ人は矯正治療が一つのステータスとして浸透していて、
金属の矯正装置がついていることが
日本とは逆に誇らしいということもあるそうです。

そのため日本では見えない矯正、裏側矯正(舌側矯正)が発展してきました。
審美的な意識が高いはずの日本人にとって
今後も裏側矯正が求められてくるのは必然ではないでしょうか。
横浜ひらの矯正歯科ではそういった患者さんのニーズに応えるべく
裏側矯正でも様々な症例に対応できるようにしてきました。
もし歯並びが悪くても矯正治療をしたくない理由が審美的理由だとしたら、
あきらめる前に一度相談に来ていただければと思います。

ひらの矯正歯科

関連する記事

  • 裏側(舌側)矯正は虫歯になりやすい?2014年8月19日 裏側(舌側)矯正は虫歯になりやすい? 近年、見えない裏側矯正(舌側矯正)に関して色々と 情報がインターネットを通じて出回るようになってきました。 今回はその中から「裏 […]
  • GWの休診日2010年4月23日 GWの休診日
  • 20072007年12月26日 2007  先日、横浜の夜景がすごく綺麗だったので写真に収めました 冬はただ寒いだけでなく、「冬の空気」という夜景を綺麗に見せる夏とは違 […]